インデペンデンス・デイ

原題
Independence Day
監督
ローランド・エメリッヒ
主演
ウィル・スミス、ジェフ・ゴールドブラム

ツッコミどころ満載

ツッコミどころ満載の、まさにアメリカ的な娯楽SF大作。 国威発揚映画かと思ったら、エリア51のくだりを嫌った軍に協力を拒否されたそうだが、本当だろうか。

この映画は、いちいちツッコミながら見るべきである。

シュールなマンガ『おやすみプンプン』の主人公、プンプンのおじさんいわく、「『インデペンデンス・デイ』のビデオを借りてきたぞ。さぁ、おおいに笑おうじゃないか」

あの雲はなんだ!

月の質量の四分の一はあろうかという巨大な母船が静止軌道までやってきて、そこから、直径何キロだっけ、とにかくでかい円盤型の降下船が数十機、地球に降りてくる。 どうも「ゆっくりと」大気圏に突入してくるようなのだが、地上から見ていると、巨大な雲がもくもくと迫ってくるように描かれている。 何か巨大なものが空気をかき分けてやってくるので、その勢いで雲ができるというイメージなのだろうか?  水中を迫ってくる巨大なサメやクジラの前に波が立ち、迫ってくるように。

もちろん、印象的な異常現象として描いているわけだが、実際にあんな雲ができるものだろうか?

中学の理科で習うとおり、雲は、水蒸気を含んだ空気が上昇して膨張し、温度が下がることによってできる。 水平または下方に進んでくる物体によって圧縮された空気が雲になる、ということはない。 だいたい、雲が進んでくる速度より、宇宙船のほうが遅い……なんて変だよね。*1

急激に押しのけられた空気が雲になることはないのか、と考えて、爆発によって生じるキノコ雲のことを考えてみた。 キノコ雲は、高温の空気が上昇することによってできる。*2 やはり、上昇して膨張すること(断熱膨張)がポイントとなる。

もちろん、空気が上昇しなくても、雲ができることもある。 その一つが飛行機雲だ。 ジェット機の排気ガス中の粒子が核となって、過冷却状態の水蒸気が凝結する。 また、翼端から雲ができることがあるが、これは翼端にできた空気の渦の中で部分的に減圧されるからで、膨張するのと同じことだ。

巨大な宇宙船が雲に突っ込んできたら、その前方では雲が消え*3、後ろに雲を引くことになるのではないだろうか。 映画的には面白くない映像になるだろうね。

やはり、『幼年期の終わり』のように、ふと見たらいきなり巨大な宇宙船が浮かんでいるほうが、インパクトが大きいかも。

異星人の目的

ウィル・スミス扮する大尉が、妻に向かって言う。 「何光年も旅してケンカしに来るわけないだろ」

……ところが、ケンカしに来たんだねぇ。 人類の歴史を見ると、はるばる出かけて行ってはケンカしてばかりいたから、この映画の異星人のことをとやかく言えないけどね。

さて、これまで見たSF映画、読んだSF小説の中で、最もおそるべき目的で地球にやってきたのは、トマス・M・ディッシュのSF小説、その名も『人類皆殺し』(1965年、原題“THE GENOCIDES”)の姿を見せない異星人だと思う。 彼らの目的は、地球の地力(土壌の生産力)の収奪(しゅうだつ)であって、人類は害虫に過ぎないのである。 人類の殲滅は自動機械によって、徹底的に行われる。

そういうSFに比べると、『インデペンデンス・デイ』の異星人なんて可愛いものである。 ウィル・スミスにぶん殴られて気を失うくらいだからね。

カウントダウン

『ジュラシック・パーク』の数学者に続き、ジェフ・ゴールドブラムが天才的なエンジニアを演じている。 天才的なのに、なぜかケーブルテレビ局のエンジニアなんぞをしている。 そして衛星放送が妨害された理由を調べ、異星人がカウントダウンのための電波信号を載せるために衛星をジャックしたからだと大統領に説明する。

……出たなカウントダウン!  パニックものには欠かせないね。*4

しかしなぜ、カウントダウンだとわかったのだろう?  異星人はいったい、どのように時間の経過を表していたのだろう?  まさか、「攻撃まで、地球時間であと3時間12分20秒です」と英語の平文で通信していたわけではあるまい?

地球人的に考えても、「地球時間であと3時間12分20秒です」なんて通信はしないよね?  「攻撃開始時刻:200x-07-04 00:00:00.000000、現在時刻:200x-07-03 20:47:40.000000」なんていう具合ではなかろうか。

しかもその通信って、ずっと流していたりしないよね?  タイムサーバみたいにリクエストがあったら返すとか、1時間*5に1回流すとか、だよね?  だって、そうしょっちゅう時計が狂ったり作戦が変更されたりするわけじゃないよね?  う〜む。謎だなぁ。

それに、地球の反対側の宇宙船と通信するために地球人の放送衛星をジャックするって、セコくないか?  静止軌道に母船がいるのだから、静止軌道上にあと2機、通信衛星を投入するだけでいいのに。 というより、ニュートリノ通信か何かで、地球越しに通信することくらいできないのかねぇ。 ま、こういうところで、『インデペンデンス・デイ』はSFとしては落第なのである。

目隠しして墜とせ!

ウィル・スミスの乗る戦闘機の後ろにピッタリついた異星の戦闘機。 その異星の戦闘機に、減速用パラシュートをかぶせて目隠しする。 そうして、崖にぶつけて墜とすのである。

……ということは、異星人は肉眼で前方を見ていたのだね?  衝突防止用のレーダーとかレーザーとか、そういったセンサーはないのかね?  そのセンサーと連動した、コンピュータ制御の操縦装置は……なかったのだろうね。

まぁ、地球人の放送衛星を借りるくらいセコイ異星人のことだからねぇ……。

エリア51

アメリカ合衆国軍の最後の砦となるのは、異星人を研究する極秘施設、「エリア51」……。 いやぁ、このギャグだけは秀逸だった。

墜落した宇宙船を軍が秘匿しているのではないかというロズウェル事件と、その際に手に入れた宇宙船と異星人の死体を軍が秘匿している施設であるエリア51。 そんなものはタブロイド紙のガセネタだという大統領に、軍の上層部?が「じつは、実在するのです」と言う。 驚く大統領とその側近。 いやぁ、笑えるよねぇ。

まぁ、アメリカは広いから、大規模な施設も隠せるよね。 大気圏内核実験を国内でやっていたくらいだし。

そういう国の感覚で、日本で訓練やられると迷惑である。 以前、横浜市の東急田園都市線沿線に住んでいたのだが、厚木基地を発着するジェット機やでかいプロペラ機(対潜哨戒機や輸送機)のうるさいこと。 テレビは聞こえなくなるし、子供は怯えるし。 住宅地にジェット機が墜ちる事故もあったしね。 まぁ、アメリカ人からすると、基地の近くに住宅街があることのほうが信じられないだろうが、国土が狭いんだから仕方ないだろ!

ロズウェル事件と直接関係はないようだが、映画にはエイリアンに誘拐されたことがあるというオヤジが出てくる。 アブダクション(異星人による誘拐)については、『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』参照。

異星人の形態と思考法

見かけはタコだが、中身は人間のようだ。 中身とは、この場合ダブルミーニングである。

頭と胴体と手足があり、頭には目が二つ。 この基本デザインは、人間だよね。

その人間型の異星人が、タコのような足のついたパワードスーツ(強化服)を着ている。 パワードスーツといっても、ロボットっぽいやつじゃなくて、生物学的(バイオ)なのだが。

……えっ。パワードスーツ着てたのに、ウィル・スミスに殴られて失神しちゃったの?

それはさておき、大統領がテレパシーで読み取った、というか、どういうわけが押し込まれた異星人の思考法、というか地球侵略の意図。 イナゴのように繁殖して、資源を食い尽くしたら他の惑星へと侵略する。

う〜む。生物としては当然かも。 人類(とその仲間たち、というか寄生生物たち)も、もしも宇宙に進出したら、どんどん侵略しちゃうかもね。 もちろん、現地の生物を抹殺しようという意図がなくても、侵略にあたる行為をしちゃうかも。*6

なんだか、この映画の人類対異星人の構図が、西部劇のインディアン(ネイティブアメリカン)対騎兵隊(と植民者)のように思えてきた。 もちろん、騎兵隊が異星人に相当する。 圧倒的な技術力の差で、資源豊かな土地を侵略するのだからね。

地球を救うためのコンピュータ

地球人の最後の頼みの綱は、電脳戦ということになった。 異星人のマザーシップ(母船)のコンピュータにウイルスを注入し、シールド(バリア)のシステムをダウンさせるというのだ。

異星人のコンピュータシステムのアーキテクチャは、地球のコンピュータと同じなのだろうか?  あー、地球のコンピュータのアーキテクチャだっていろいろあるのに?  Windows に感染するウイルスと、Linux に感染するウイルスは別物だよ?  それに、ウイルスの注入に何分もかかっていたけど、いったいどれだけ大きなサイズのウイルスなのだろう?

……という具合に、なぜか映画に出てくるコンピュータやソフトウェア、それにユーザインターフェースは、とてもバカっぽい*7

さて、マザーシップにウイルスを持ち込むために使われたコンピュータは、Apple 社初(だったよね?)の ノートブックタイプの Macintosh、PowerBook? であった。 地球を救うには、Macintosh でなくてはならないのだ。 なぜ、Windows PC ではダメなのか?  その答えは、Apple 社がこの映画をスポンサードしていたからである。

デブリの群れ

コンピュータウイルスを仕込んだ後、主人公たちはマザーシップを核ミサイルで爆破して脱出する。 ここで一つ疑問なのが、コンピュータウイルスによってシールドが使えなくなっているはず、ということだ。 高速で飛んでくる破片から円盤型戦闘機の機体を守るにも、大気圏突入やハードランディング(硬着陸)で死なないためにも、シールドが必要だと思うのだが……。

まだあった。 恒星間空間を旅してくるような宇宙船が、核ミサイル1発で吹っ飛ぶものだろうか? 

まぁ、仮に吹っ飛んだとして、爆散した破片が静止軌道に大量にばら撒かれてしまったら、かなり困ったことになるね。 もう、デブリ*8だらけだし、ヘタするとケスラー・シンドローム*9によって地球人は宇宙と断絶しちゃわないだろうか。

遠隔システムの危険性

コンピュータウイルスにより、マザーシップのシステムをダウンさせ、シールドを消失させる。 ……このとき、すべての降下船と円盤型戦闘機のシールドも消失する。

……ということは、シールドはマザーシップからの遠隔システムなんだよね?

この設計思想がよくわからない。 重要なシステムを中央に一つだけ置いといて、バックアップなし、ということが考えられないのだ。 シールド発生装置の原理がわからないので何とも言えないが、円盤型戦闘機はともかく、直径何十キロもある降下船には積めるのではないか?

などと書いていて、ふと思った。 日本人のライフラインも、あんまり自慢できたものではない。

地震で原子力発電所が一つ止まっただけで、「みなさん節電にご協力ください」というTVCMが流れるのである。 電力供給のような重要なシステムは、原子力や火力のような集約的なものでなく、小規模な太陽光発電や水力発電などに切り替えられないものだろうか。

参考


*1 まぁ、技術力を見せ付けるために、じれったいほどゆっくりゆっくり下降する、というのはアリだが。
*2 なんともやりきれないことに、原爆の場合、雲の核になるのは高温で気化した後凝固した建築物や樹木や人体である。
*3 空気が圧縮されて温度が上がるからである。
*4 天使と悪魔』参照。
*5 もちろん、異星人にとっての1時間である。地球時間ではない。
*6 小川一水の『時砂の王』に、そんな話があったな。
*7 参考参照。
*8 スペースデブリ。使用済み人工衛星や燃料タンク、軌道上での組み立て中に取り逃したネジなどの宇宙ゴミ。『プラネテス』参照。
*9 スペースデブリの衝突により人工衛星などが破壊され、さらにデブリが発生することにより、デブリが幾何級数的に増えること。地球がデブリに覆われてしまうと、地上から宇宙へと出て行くことができなくなる。『プラネテス』参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-08 (月) 21:11:04 (4061d)