アレキサンダー

監督
オリバー・ストーン
主演
コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー

音楽と美術は素晴らしい

映像は美しく、ヴァンゲリスの音楽とマッチしていた。 スペクタクル・シーンの迫力もなかなか。

ガウガメラの戦い(対ペルシア)の描写など、すごいねぇ。 ははぁ、ファランクス(密集陣形)ってこんなふうだったのかなぁ、とか、「鎌付きの戦車」って何てオゾマシイ、とか、歴史考証に基づくと思われる戦闘のようすは、残酷だけど興味深かった。

白兵戦が主だった時代の戦闘を描写した近年の映画は、過剰なくらい残酷な気がするけど、実際、あんなふうだったんだろうなぁ。 それにまぁ、地雷やクラスター爆弾がそれにくらべて人道的か、と言われれば、否だしねぇ。

ちょいと長く感じたかな

しかしまぁ、よく遠征したもんだね。 世界地図を広げながら見たが、つくづく感心してしまった。 地中海沿岸のマケドニアからトルコ、ペルシア、(今の)パキスタン、ヒンズークシュ山脈を越えてインド……。

大遠征なのだから仕方ないが、この映画もちょっと長い。 結局アレキサンダーって、マザコンでファザコンのゲイなのかって感じだし。 結局仲間に裏切られてしまうのは、当時としてはそんなものなのかって感じだし。 いつ寝首を掻かれるか心配せずに生活できるのはありがたいなぁ。

ところで、母親のアンジェリーナ・ジョリーが怖かった。 メデューサにピッタリだねぇ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-31 (木) 21:39:56 (4407d)