アバター

原題
AVATAR
監督
ジェームズ・キャメロン
主演
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラング

3Dシアターで観た

下のムスメに連れて行けと言われたので、近場のミニシアターに見に行った。

いやぁ、久々の本格的なSF映画である。 SFXやCGを駆使した映画は多いが、ファンタジーばかりなので、ファンタジックではあっても骨太のSF映画が観られて良かった。

この映画については、「事前情報」が多すぎたように思う。 中国での上映中止やら、アカデミー賞ノミネートやら、話題になりすぎたからね。 むしろ、事前知識なしに観たほうが面白いのではないかと思う。

そうだ、事前知識として知っとくと良いことが一つあった。 これは上のムスメが友達から聞いたことだそうだが、最初に3Dで観るときは、吹き替え版のほうが良い、ということである。 3Dを楽しむには、いちいち字幕に気をとられないほうが良いからだ。 たしかに、画面の端に浮かぶ字幕は、ちょいと邪魔である(吹き替え版でも、ナヴィ語の部分に字幕が出る)。

しかし、3Dはちょっと疲れた。 本来、ヒトの視覚は3Dなので、3Dのほうが自然なはずなのだが……。 あ、そうか。 ワシは近視+老眼なので、遠近両用メガネを使っている。 そのせいで、3D用のメガネ越しに画面全体を見ようとすると、どこにピントを合わせたらよいのか、目玉が(それとも脳みそが?)混乱するのだろうか。

3D用のメガネ越しだと、少し暗くなるのが難だね。 だが、衛星パンドラの風景の奥行き感や、手前をふわふわと飛ぶ樹の精(タンポポの綿毛とクラゲを合わせたようなもの)はなかなか自然な感じで良かった。 反対に、地球人の基地の中などの実写部分が、遠近感が誇張されているようで不自然な感じだった。

いつのまにか自分(観客)が異星人のスタンスに立っていて、地球人が悪者に見えてくる、というSF小説ではおなじみの感覚と合わせて、非現実のほうに親近感が湧くという、奇妙な体験のできる映画である。

以下、事前情報が不要な方は読んではいけません。

科学的ツッコミ!

宇宙船内が無重量なのでホッとした。

衛星パンドラをめぐる軌道上の宇宙船内の描写が良かった。 宇宙船内で人が立っていると興醒めなのだ。

無重量なら、主人公も不自由な思いをすることなく動ける、というところも、ちょっと利いている。 パンドラの地表で、手を貸してもらうことを拒否するところなどで、足が不自由なことへの苛立ちや悔しさ、再び歩き、走れるようになることへの憧憬がよくわかるからね。

巨大惑星の衛星、という環境

巨大惑星、つまりガスジャイアントは、恒星(太陽)から遠いので、水素やメタンなどの気体が宇宙空間に逃げ出さずに惑星を覆っている。 要するに寒いのだ。 その惑星のまわりを回っている衛星も、恒星から受けるエネルギーの量は同じである(大気表層で、同じ面積で比べれば)。 木星の場合、太陽から受けるエネルギーは地球の3.7%にすぎない。

衛星パンドラに降り立った地球人は、呼吸マスクだけでなく、防寒服も必要だったのでは? 一方、大気中の二酸化炭素やメタンの濃度が高ければ、温室効果によって地表の温度は「わりと高い」かも知れない。 二酸化炭素が気体で存在できれば、の話だが。 0℃1気圧のとき、-78.5℃で固体(ドライアイス)になっちゃうからね。

装甲スーツは「重機」だ。

戦闘用のスーツとして、乗り込むタイプのロボットスーツが登場する。 手足の造作は人型で、マスター・スレイブ形式(人間の動作をロボットがトレースする形式)で制御する。

映画の中での動きは、クレーンやユンボ(ショベルカー)のように、やや鈍重である。 これは当たり前で、質量が大きいため慣性が大きく、動き始めるまでに時間がかかるのだ。 いったん動き始めてからは速いのだが。

そして、止めるのも大変だ。 腕を旋回させたら、そのまま腕が動き続けようとする慣性に抗して、停止させるように反対向きに力を加える必要がある。

当然、足も踏ん張っておかないと、腕の慣性に引きずられて体躯が回転してしまう。

そのあたりが、『アバター』の装甲スーツは重機っぽくてよかった。 よくあるロボットアニメでは、腕をビュンビュン振るったり、ダッシュしてピタッと止まったりするなど、軽快に動きすぎるせいか、嘘っぽくなってしまう。

まぁ、アニメでは未来のテクノロジーによって慣性をキャンセルできるようになっているのかも知れないが、現実の動きと乖離しているから、本物っぽさが足りないのである。

ガス・ジャイアントをめぐる衛星の1日

『アバター』の舞台は、太陽系の隣の恒星、アルファ・ケンタウリの巨大ガス惑星ポリフェマスをめぐる衛星パンドラである。

映画の冒頭、宇宙船がパンドラの軌道上にあるとき、またパンドラの地表からも、木星によく似た巨大な惑星が見えている。 木星の大赤斑のような、大きな雲の渦が惑星表面を移動していた。 いや、渦が移動していたのではなく、惑星が高速で自転しているのだ。 木星の場合、10時間足らずで自転している。

巨大なガス惑星の周囲をめぐる衛星の自転周期は、公転周期と一致している。 地球の衛星である月の場合、自転周期と公転周期が一致しているので、月の「1日」は、地球時間で約30日である。 衛星パンドラの「1日」は地球時間で何日にあたるのだろう?

そしてまた、月は常に同じ面を地球に向けているので、月面から見た地球の位置は、常に同じである。 衛星パンドラの地表から見たとき、ポリフェマスの位置はいつも同じだろうか? 

そうだとすると、いつも巨大なポリフェマスが空を覆い、その表面を巨大な眼のような大赤斑が移動して行くのを見ているとしたら、パンドラの原住民はポリフェマスに関する神話を持ったりしないのだろうか? 

それともう一つ。 衛星パンドラでは、「1日」のうちに必ず長い「日食」があるはずだ。 周期的に「明期中断」が起こることは、生物の生理生態にどういう影響を与えるだろう?

しかも、本当に暗闇となり、星が見えるのは「日食」のときだけだ。 太陽が地平線下に沈んでも、パンドラの夜はポリフェマスからの反射でかなり明るいだろうと思われる。 だから、夜には星が見えず、真昼に日食になったときだけ、星が見えるのではなかろうか。

……そして、映画で印象的だった夜の生物発光は、あまりパッとしないものになるだろうか。 それこそ、「日食」のときに生物がさかんに発光するとか。

衛星からの巨大惑星の眺めについては、もっといろいろ考えられるので別の記事(研究室/衛星からの眺め)に書く。

植物の神経ネットワーク

衛星パンドラの植物は、根を通じて互いに電気的に接続している。 そのため、衛星を覆う森林は、一つの神経ネットワークのように働いているのだという。

地球の植物も、ネットワークを形成している。 ただし、動物の神経ような電気的なネットワークではなく、化学的なものだ。

虫に葉を食われたポプラやヤナギが、揮発性の物質を放出して近隣の木に警告*1を発し、その結果、風下側の木々が食害に遭いにくくなることが知られている。

そんな具合だから、地球の植物は動物とはまったく異なるメカニズムと論理のネットワークで暮らしているので、動物と共感的なコミュニケーションを持つことは難しいのではないだろうか。

衛星パンドラの陸生脊椎動物はみな6本足なのか?

6本肢のケモノ?

なぜ原住民ナヴィだけ、4本足(手が2本、足が2本)なのだろうか?

そういえば映画の最初のほうに出てきたサルのような動物は、肘から先が2本に分かれていて、腕はYの字のようになっていた。 ナヴィは、そういうサルのような生物から進化して、手が2本になったのだろうか。

だとすると、ナヴィの胎児は、発生の過程で6本足の段階があったりして。

※地球の陸生脊椎動物と昆虫についての考察を「研究室/なぜ昆虫は6本肢なのか?」に書いた。

テレパシー、ではないのだ。

衛星パンドラの陸生脊椎動物には、感情を他の個体と共有できる器官がある。

ナヴィの場合、後頭部から長く伸びた「お下げ」の中にある。 その先端に繊維状の組織があって、「馬」や「飛竜」の同様な組織と接続する。

有線接続なんだ……。 無線だと、テレパシーになるのに……。

そりゃそうだよね。 SFでよくあるテレパシーだと、他人の感情や思念が勝手に飛び込んできてしまって困る。 そのためテレパシスト(精神感応者)が自閉症になってしまう、ということがテーマのSFもある(ロジャー・ゼラズニィの『燃え尽きた橋』。サンリオSF文庫なので絶版)。

だから、有線のほうが安全かも。 安全だから、進化する可能性があるかなぁ。

でも、他の陸生脊椎動物の精神感応器官は頭部の両側に2本あるのに、ナヴィの器官は後頭部に1本だ。 やはり進化の過程で1本は退化したのだろうか。

コネクターが2本あれば、デイジーチェーン接続で無限につなげられるけど、1本だとピア・ツー・ピアで1対1接続しかできないけどなぁ。

作品の中で、ナヴィ同士が接続する描写がなかった。 他人と直接つなげてしまうと、冷静なコミュニケーションが阻害されてしまうからだろうか。 知性を獲得する過程では、共感を犠牲にする必要があるのだろうか。

※エクステンデット・エディション(ブルーレイ)を観たら、主人公のアバターとヒロインが愛を交わす場面で接続していた。 やっぱり、よほどのことがないと接続しないのかもね。

そう言えば、ヒトというか地球人は、遠隔(テレ)で感情(エンパシー)を伝えることができる。 表情や涙や言葉によって、接触することなく感情を伝えたり、読み取ったりできるぞ。 相手の感情を推測することができる、「心の理論」というソフトウェアが脳に搭載されているしね。

精神を転送するには

有線/無線を問わず、意識が転送できるとすれば、精神活動はすべて電気的なもののはずだ。

記憶については、化学的なものかも知れないという仮説がある。 もしも記憶が化学的なものなら、転送は不可能だ。

なぜなら、自分が自分であることの確認のためには、連続した記憶が必要だからだ。

天空の島

『アバター』を観ていて、手塚治虫のマンガや宮崎アニメで見たことがあるなぁ、というな感じがあった。 もちろん、パクリだとかそういうわけではなく、ユニークなビジョン、爽快な動き、壮大な光景を極めようとすると、似たものになってしまうのだろう。 鳥の翼とコウモリの羽、魚の尾鰭とイルカの尾のような、平行進化と同じことかな。

たとえば、異星人の立場に立って、地球人と戦う地球人は、手塚治虫の短編「荒野の七匹」に描かれていた。 重そうな飛行機械は『風の谷のナウシカ』だし、空に浮かぶ島はもちろん『天空の城ラピュタ』だ。 『耳をすませば』に描かれたラピュタは、井上直久の『イバラード物語』に由来する。 原典であるスウィフトの『ガリバー旅行記』のラピュータの印象は薄いのだけどね。

……ということで、反重力物質があると仮定して、空に浮かぶ島ないし山というものが可能なのかどうか考えてみた。 それについては別の記事(研究室/島を空に浮かべるには)に書く。

蛇足


*1 警告ではなく、単に叫んだのを近隣の木が「盗み聞き」して警戒したのかも知れない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-18 (日) 17:12:26 (2409d)