アイ,ロボット

原題
I, ROBOT
監督
アレックス・プロヤス
主演
ウィル・スミス

アイザック・アシモフの短編集「われはロボット」のエピソードや「ロボット工学の三原則」を下敷きにしたSF映画『アイ,ロボット』……おそらく、見る人によって評価はすごく分かれるだろう。

人物描写が弱いとか、ステレオタイプだとかいう批判は、ここでは当たらないと思う。 アシモフ自身がそのあたりは弱いところだったのだから、逆に言うと脚本家や監督が、じつに深くアシモフを読み込んでいたのかも知れない、とすら思った。

全体的なトーンよりも、個々のエピソードやウイット、絵の面白さや謎解きを楽しんだほうがよい。 ラニング博士の自殺のトリックや、第0条の問題など、アシモフの原作(?)を読んでいるとニヤリとできる部分がいっぱいあった。

……というわけで、ワシとしては、けっこう面白かった。とくにロボット、サニーの表情がよいね。

初出:科学的逍遙日誌

ツッコミどころの数々

ツッコミどころではないところ

ロボット工学の三原則の第1条によれば、ロボットは人間の命令に服従しなくてはならない。 それなのに何故反乱を起こすことができたのか、については、作中で説明されているので、突っ込んではいけない。 この件については、ロボット工学の三原則を参照のこと。

あと、Viki(USロボット社の中枢コンピュータ)がビルの吹き抜けに宙吊りになっていて、物理的にアクセスしにくいようになっていることも、作中で「なんてヒドイ設計だ」と言っていたから、突っ込んではいけないのだろう。

バックアップはないのかな?

それより Viki の陽電子頭脳をナノマシンで破壊しておしまい、というところが変だ。 当然のことながら、重要なシステムにはバックアップがあるはずだからだ。

同じ能力を持ったマシンを二つ用意しておき、通常は一方だけを使用し、もう一方はスタンバイ状態にする。 通常使用しているマシン(本番機)がダウンしたら、瞬時にスタンバイ機に切り替わる。 スタンバイ機は本番機の設定をそのまま受け継ぎ、外部から見たときには本番機がダウンしたことすらわからないのだ*1

スタンバイ機は(そのほうが復旧しやすいので)本番機の隣に置く場合もあるし、地震などの災害対応のために、本番機とはまったく別の場所に置くこともある。

本番機をダウンさせた後、スタンバイ機を探しに行かなくてはならないのでは、俳優も観客もウンザリしちゃうから、スタンバイ機はないことになっているのだろうね。

点検区域だから監視がない?

ロボットの反乱を阻止するため、スプーナー刑事とカルヴィン博士はUSロボット社へ、点検口から侵入する。 そのときのカルヴィン博士の言葉には耳を疑った。

点検区域だから監視はないわ

えー? 点検区画だって、監視カメラやセンサーはあるだろうに。 だって、点検区画に簡単に入れるなら、セキュリティはないも同然だよ?

日本語字幕が間違っているのかも、と思って、DVD の英語字幕を見てみた。

Service areas. No surveillance.

やっぱり監視がない、と言っている。 変だねぇ。 正しくは、こんな風に言うべきなのではないだろうか。

「点検区画だから、管理者権限で監視を切れるわ。入ってから30秒以内ならね」

そして、マスターキーを使って点検区画に入り、入ってすぐのところにあるコンソールから管理者権限で監視システムにログインし、点検区画内の監視を切るのである。 これを30秒とか1分とか、限られた時間内に行う必要がある。

……というように、管理者ならば監視システムを停止することができるようになっているはずだ。 研究室や経理関係、法務関係の部屋などの監視システムは個別に解除する必要があるが、点検区画は一括で解除できるようにしてあるかも知れない。 点検の際にいちいち警報が鳴るのは煩わしいからだ。 これなら、侵入は楽だよね。

……このように、システム管理者ならば悪いことも、やり放題なのである。 どれだけ厳しいセキュリティ・システムであっても、人間というセキュリティ・ホールが存在するのである。

ロボット嫌いの刑事といえば……

スーザン・カルヴィン博士やラニング博士、ロバートソン社長といったキャラクターは、設定が少々違うがアシモフの原作に登場する。 ウィル・スミスの演じるスプーナー刑事は映画のオリジナルである。

しかし、ロボット嫌いの刑事といえば、『鋼鉄都市』のイライジャ・ベイリが思い浮かぶ。 ベイリは中年だし、スポーツマンタイプではないので、だいぶ印象が違うが。

じつはワシはもう一人、ロボット嫌いの刑事を思い出した。 アシモフではなく手塚治虫の作品、「鉄腕アトム」に登場したシャーロック・ホームスパンという刑事である。いや、探偵だったかな?  『人工太陽球の巻』に登場し、最初はアトムを嫌っているが、一緒に捜査を進めるうちに信頼するようになる、という筋書きは同じだ。 事故で身体をロボット化したサイボーグである、という点では、スプーナー刑事に近いかも知れないね。

ロボットの運命

この物語はオープンエンドであって、収容施設にまとめられた NS-5 をサニーがどう導くのか、は語られない。

そこでワシが勝手に想像するところでは、ロボットたちは宇宙へ出て行くのではないかと思う。 地球で居場所のなくなったロボットが、スペースコロニーや月面都市で働く、という話はアシモフの短編の中にエピソードとして描かれているし。

ロボットたちが宇宙で活躍する続編が作られたら面白いかもなぁ、などと考えた。 もちろん、『スターウォーズ』のようなファンタジーではなく、無重量などがちゃんと描かれたサイエンス・フィクションとして、である。 リアルな宇宙SF映画って、良い作品が少ないからねぇ。


*1 ……というのが理想だが、実際にはセッションが切れたり、処理が飛んだりするようだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-10 (日) 00:24:51 (3788d)