アース

原題
earth
監督
アラシテア・フォザーギル、マーク・リンフィールド
主演
地球と地球上の生き物たち、水、それと太陽

久々に映画館で映画を観た。

折角なので、前から2番目、視野一杯に画面が広がる位置に座った。

おかげで、エンジェル・フォール*1の上からヘリで回り込んで撮影された映像では、ぐるぐる振り回される感じで酔いそうになった。

ちょっと首が痛くはなったが、家では味わえない視野一杯のスクリーンの映像は楽しめた。 途中から涙が出てきてぼやけたりしたのだが。 いやぁ、生きるっていうのは厳しい闘いなのだよねぇ。

何ヶ月も何も食べずに子供を育てるホッキョクグマの母親。 何週間も砂嵐の中、水場への旅を続けるアフリカゾウの群れ。 乱気流と凍てつく寒さのヒマラヤを越えるアネハヅルの群れ。

カリブーの子供に追いすがるオオカミを高空から超望遠で捉えた映像では、どちらにもガンバレと心の中で言いたくなる。 カリブーにとっては生き続けられるかどうかの分かれ目であり、オオカミにとっても逃すわけにはいかない食料が手に入るかどうかという瀬戸際である。 どちらが失敗しても(成功しても)、それは惜しむべきことであり、同時に素晴らしいことである。

いやはや。 生物が進化したのではなく、デザイナーに設計されたという考え方を好む人たちがいるが、どうしてそんなに残酷なことが考えられるのだろうか。 逃げきれるかどうかギリギリの能力を草食動物に与え、追いつけるかどうかギリギリの能力を肉食動物に与える。 そんなデザイナーなんて、要らない。

生と死のせめぎ合いの中、長い時間をかけて、生き物たちはいま見られるような姿に進化してきたという考え方のほうが、現実に即しているし、好ましいように思うのだが。

「食物を得る」ことは動物にとって重要であるから、この映画では「動物が動物を食べる」シーンが繰り返し登場する。 圧巻はチーターの狩り。 ハイスピードカメラを用いて、一瞬の出来事を克明に記録している。 足を滑らせたガゼルが転倒し、起き上がろうとするが勢いがついているため失敗してまたひっくり返る。 そのすきにチーターは前脚を掛け、押さえ込んでガゼルの首にかぶりつく……。

その他、映像として素晴らしいと思ったところは多い。 気球から撮ったのであろう、静かに地上を鳥瞰する映像。 定点カメラで長い時間を掛けてパンして撮影した画像を滑らかにつなげた、ワンショットで季節が変わって行くかのような映像。

ところで、この映画には BBC と NHK が共同制作したドキュメンタリー番組「プラネットアース」と同じ映像素材が使われていて、あぁ、この映像は見たなぁ、という部分があった。 例えば……

温暖化の進行とともに狩りができなくなり、絶滅の危機に瀕しているホッキョクグマ。 そんな彼らの姿を見てしまうと、燃費の悪い車に乗っているのが罪のように感じる。 いや実際、地球温暖化の要因の一つは「明らかに」人間の温室効果ガスの排出なのだから*2、なんとかしなくちゃならないね。


*1 ベネズエラ・テーブルマウンテンから流れ落ちる、落差1000メートルの滝。
*2 本/日経サイエンス/2007年10月号」の「地球温暖化の真実 IPCC第4次報告書から」参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-14 (木) 22:24:19 (4206d)