アーサーとミニモイの不思議な国

原題
Arthur and the Minimoys
監督
リュック・ベッソン
主演
フレディ・ハイモア

作品としては、ヨカッタ

CG はキレイだし、伏線の張り巡らされたストーリーだし、ジョークもいっぱいだし、ということで、作品としては楽しめた。 子供でなくても、楽しめる作品だと思う。

というか、監督も出演者(声だけの出演のロバート・デ・ニーロとかデビット・ボウイ*1とか)も楽しんで作った作品だな、と思った。

あえて、禁断のツッコミを

ファンタジーに理屈を持ち込んではいけないのは承知で、敢えてツッコミを入れよう。

もちろん、あんなに小さいと脳細胞の数が限られるから、知的行動をとるのは無理だろう、とかいったツマラナイことではない(すでに言ってるか……)。

「モスキート」は何を食べるのか?

ありとあらゆるファンタジーが、生態学と相性が悪い。

主人公の少年アーサーが、身長2.5ミリになって庭の地下のミニモイの国にやってきて早々、敵役の部族が「モスキート」に乗って空襲してくる。 その「モスキート」が、目の前を横切るふわふわの小さな生き物(昆虫ではないようだ)を獲物と思って追いかけるシーンがあった。

ちょっと待ったぁ!

「モスキート」って、あの造形から見て、()だよね?  蚊の成虫の食べ物が何か、皆さんご存知だよね?

もちろん、メスの蚊の栄養源は哺乳類の血液である。*2 ちなみに、オスの蚊の栄養源は……幼虫(ボウフラ)時代に蓄えた栄養だけである。 オスの蚊は、草の露などを飲むだけで、羽化後数日で死んでしまう。*3

……ということで、蚊は小さな昆虫(その他の小さな動物)を追いかけることはない。 しかも、寿命は(オス・メスにかかわらず)数日だから、家畜としてはあまり適切ではない気がするなぁ。

「トンボ」の卵?

ミニモイになったアーサーが、草の茎に産み付けられた大きなイクラのような卵を食べるシーンがあった(食べようとしただけだったかな?)。 「トンボの卵」と言っていたが、そんなことはあるまい。

トンボは、水中の草の茎などに、細長い卵を産み付ける。 なんといっても、トンボの幼虫は水中で最強のハンター(のひとつ)であるヤゴだからね。

陸上に産み付けられる昆虫の卵は、乾燥に対する適応の結果、硬い殻を持つものが多い。 例えば、ヘリカメムシの卵はこんな具合だ。*4

ヘリカメムシの卵

また、草の茎の地表すれすれのところに卵を産み付ける、というケースも少ないはずだ。 なぜなら、雨などで土がはねてくる危険があるからだ。 土壌中には、たくさんの菌類(カビ・キノコ)や細菌類が生活している。 土がはねるということは、そういった連中が飛んでくることを意味する。

カビてしまう、つまり「かもされてしまう*5」おそれがあるので、地べたに近い部分には、あまり無防備に卵を産まないのである。 そう考えると、ミニモイたちにとってもカビやキノコは恐れるべき対象であるはずだ。 人間なら水虫程度の被害だが、ミニモイたちにとっては、全身を菌糸で覆われる恐怖なんてものあったりして。

ある日、足に白い菌糸が見つかる。 菌糸は身体に食い込んでいて、取り去ることはできない。 ……やがて全身を網目状に覆った菌糸から、子実体が伸び始める。 口や耳からキノコ状の子実体が生え、その子実体に胞子ができるころ、身体の栄養は吸い尽くされ、ミイラのようになって、寝床であったはずの枯葉や枯れ枝と一体化している……。

ね、ファンタジー生態学を持ち込むと、とんでもないことになっちゃうよねぇ。

おそるべき物理学

ミニモイたちは、やたらと高いところから落ちても、イテテと頭を掻くだけで、また歩き出す。 意外にも、これは「科学的に正しい」のである。

人間のサイズに拡大すると高層ビルから落ちるのに等しいから、人間なら、死んでいる。 しかし、昆虫サイズになると身長の数十倍もの高さから落ちても、怪我ひとつしない。 これは「微小環境における物理学」の効果である。

小さい、軽い物体に対しては、人間のように巨大な物体に対する場合と、重力の働き方が異なるのだ。 いや、この言い方は正しくない。 微小環境*6においては、重力よりも、摩擦力や表面張力のほうが大きく作用するのである。

物体の長さが2倍になると、面積は(2の2乗で)4倍だが、体積は(2の3乗で)8倍になる。 逆に、物体の長さが半分になると、面積は4分の1、体積は8分の1になる。 物体が小さくなると、面積に作用する摩擦力のほうが、体積*7に作用する重力よりも、相対的に大きくはたらくのである。

そこで、微小環境では摩擦力や静電気的引力のほうが、重力よりも支配的になる。 モノは相対的に頑丈になり、粘っこくなる。

そんなわけで、昆虫はガラスの表面や天井を歩いたり、羽ばたいて空中を飛べるのだ。

そう考えると、ミニモイたちが高いところに登るのに、(ミニモイ版の)スイス・アーミー・ナイフを使ってロープを張ったりしたのは変だね。 花の茎を登って花の中に入るなんてことは、素手でできたろうに。

また、泳げないというのも変だ。 いや、泳げる必要はないのである。 表面張力で浮かぶはずだから。 あれだけ髪の毛がフサフサなのだから、頭を水面に立てれば、逆立ちしたまま流れて行けるのではないか?

……というように、科学的な知識に基づいて考察すると、とんでもなくファンタジックな(というより滑稽な?)状況も想像できるのである。


*1 そういえば、映画全体の雰囲気に、なんとなく『ラビリンス』に似たところがあるような気がした。
*2 鳥類の血液が好きな種類や、両生類専門の種類もいるようだ。
*3 この記述は記憶のみを頼りに書いたので、ちと曖昧である。交尾後のメスは血を求めて動物を襲うが、交尾前のメスやオスは、花の蜜なども吸うらしい。……見たことないけど。
*4 カイガラムシのように、綿のような卵のうを作る昆虫なら、卵は軟らかいかも。
*5 もやしもん』参照。
*6 マイクロ環境、ミクロ環境という。
*7 密度が同じ物体の場合、体積と質量は比例するので、体積の大小=質量の大小と考えてよい。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-27 (火) 23:22:51 (3796d)