ブートストラップ

コンピュータ用語

コンピュータを起動することを「ブート」という。 再起動は「リブート」だ。

「ブート」は足に履く「ブーツ」と同じもので、略さずに言えば「ブートストラップ・ローディング」である。

コンピュータを起動すると、最初に小さなプログラムを読み込み、そのプログラムが環境を整えながら、メインのソフトウェア(OS: オペレーティングシステムなど)を読み込む。

その様子が自分で靴を引っ張り上げて空に昇るホラ吹き男爵のようなので、「ブートストラップ・ローディング」というのだ。

靴ひも、ではない

靴ひも

ブートストラップ(bootstrap)は、よく「靴ひも」と誤訳される(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』でも誤訳されていたように思う)。

だが、上の図のような靴ひもはシューストリング(shoestring)とかシューレース(shoelace)とか呼ぶ。

つまみ革?

辞書でブートストラップ(bootstrap)を引くと、「つまみ革」なんていう言葉が出てくるが、よくわからない。 そこでいろいろ調べてみたところ、靴の甲から踵の部分にかけて付けられた、革の帯であることがわかった。 次の写真で矢印で示した部分である。

ブートストラップ

泥などに足をとられたとき、ブートストラップをつまんで引っ張り、抜け出すのだそうだ。 そこで、ホラ吹き男爵はここをつまんで交互に引っ張り上げ、空に昇ったのである。

さて、ブーツの上部にもなにやらつまめそうな革の帯が付いているが、これはタブ(tab)というのだそうだ。 ブーツを履くときにタブをつかみ、足をブーツの中に押し込むのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-26 (土) 23:44:02 (2067d)