ファンタジーとは

非科学的な空想。 また、そのような空想に基づく小説。

ファンタジーとSF

SF作家がファンタジーを書くことも多く、その境界はしばしばあいまいである。 あえて言えば、SFで描かれる「不思議な現象」は、その原因が作品中で科学的に説明される*1ファンタジーにおいては、「不思議な現象」は「不思議な原因」によって起こる。

……ということで、映画『スター・ウォーズ』はSFではなく、ファンタジーである。

ファンタジー生態学と相性が悪い

ファンタジーには不思議な空想的な生き物が登場するが、たいてい、なぜ生き続けることができるのか不明である。 世界に数匹しかいない怪物がどうやって出会って繁殖するのか、進化することができたのか、まったくもって不可解である*2

何を食べ、何に食べられ、どのように同種と出会い、どのように環境とかかわっているか ……ということを生態学的に正しく描かれてしまうと、空想上の生き物は、ファンタジーの世界では絶滅してしまうのだろうか?

参考

元祖【科学的逍遙


*1 もちろん、現在は不明な原理を用いた科学技術だったりする。ハイパースペースドライブとか反重力装置とか無慣性駆動とかテレポーテーション装置とか。
*2 そういう怪物がどうやって繁殖し、進化するかを考察してみると面白いかも。……でも、そうすると、ファンタジーではなくSFになっちゃうだろうね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-03 (木) 21:43:41 (4489d)