スペクトルとは

ある複雑な量を単純な成分に分け、ある特定の量の大小によって分布を示したもの。 (大辞林)

複雑な組成をもつものを成分に分解し、量や強度の順に規則的に並べたもの。(大辞泉)

分光スペクトル

プリズムを使い、太陽光線をさまざまな色の光に分けることができる。 その光の成分を波長順に並べたものが分光スペクトルである。

光のスペクトル

太陽光線の場合、「虹の七色」つまり可視光線だけでなく、その外側に「赤外線」と「紫外線」の領域がある。 上の図では、ヒトの目には見えないため、黒く示してある。

紫外線を見る

ヒトには紫外線が見えないが、鳥類は見ることができる。 鳥類がどのように世界を見ているのか、それについては「本/日経サイエンス/2006年10月号」の「鳥たちが見る色あざやかな世界」を参照のこと。

ヒトが見ている光景が、世界のすべてではない。 「目には見えないが、存在しているもの」は、確かにあるのだ。 そして、それを見るのに必要なものは、想像力と科学である。

赤外線を見る

哺乳類を餌とするヘビは、ピットと呼ばれる赤外線感覚器官を持つ。

毒蛇の頭部

毒蛇は暗闇でも、温血動物(恒温動物)をその体温で探し当てることができる。

ヒトは自分の目では赤外線を見ることができないが、身近な装置を使うと赤外線を「見る」ことができる。 その装置とは、デジタルカメラである。 テレビのリモコンは、赤外線を使っている。 そこで、デジタルカメラにリモコンを向けてボタンを押したとき、肉眼では何も見えないが、デジタルカメラのファインダで見るとリモコンが発光しているのが解る。

テレビのリモコンが光る様子

赤外線温度計

赤外線=熱線である。 物体が放射する赤外線の強さを調べることで、物体の表面温度がわかる。 →「研究室/表面温度を測る」を参照のこと。

スペクトルの境界

たとえば、赤と橙色の境界はどこだろう? 青と緑色の境界は?

連続的な量をスペクトルで表したとき、境界線を引くのは難しい。

健常者と障碍者の境界線は?  正義と悪の境界線は?

分析し、境界線を引くことは一見科学的だが、じつはかなり人為的、恣意的なものだったりする。

心理テストや性格分類がウケるのは、連続したスペクトルに明確な線を引くことができるように感じるからなのではないだろうか。 もちろん、『「心理テスト」はウソでした。』に示されているように、そういう境界線は、じつは思い込みや空想の産物なのである。

参考

元祖【科学的逍遥


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-14 (日) 23:28:38 (3933d)