スピリチュアル

これも不得手語の一つだね。

いや、個人的に何か「霊的」(スピリチュアル)なものを信じるのは自由である。 心の支えとして、見えないものを信じるのは一向に構わない。

民主主義の敵じゃないかと思うくらいの違和感を感じるのは、何の根拠もないのに偉そうに「発表」されるやつである。 まぁ、大本営発表に匹敵するかも。

どちらも非科学的で、うっかり信じると人間関係や生命や財産を失う危険があると思うのだ。

スピリチュアル・ナンバー

誕生日の数字の各桁を足して得た数字で何か占うらしい。

……ちょっと待った。 各桁を足すってことは、10進法でないと成立しないわけだよね?

そんなものが「神秘的」で「霊的」なのかなぁ……。

フィボナッチ数のような、自然界に仕込まれた数学の神秘に触れちゃったワシから見ると、チェックディジットと区別がつかないぞ。

だいたい誕生日にどんな意味があるのか、よくわからない。 JST でいいのかな? それとも UT に直したほうがいい?

なぜ女性はスピリチュアルに惹かれるのか?

女性のほうが男性よりも理数系の思考が苦手で、それでスピリチュアルな方面に興味が行ってしまう、と仮定しよう*1

女性が理数系の、いわゆる科学的な思考が苦手なのは「女子は抽象的な概念の把握が苦手だから」……ではないようだ。 数学者の新井紀子氏によれば、女子生徒が中学で数学が苦手になるのは、中高の理数の教え方が女子生徒の精神構造にマッチしていないからだそうだ*2

男子生徒を観察していると、彼らが「限界突破」や「競争」に強い関心を持っていることがわかります。一方、女子生徒は「共感」や「全体の物語の把握」に非常に価値を置いています。女子生徒は今自分がいる場所を確認できないと迷子になったと感じ、成績の良しあしにかかわらず、強い不安感を訴える傾向があります。

……ということで、理科教育に携わる男どもが、女性を非科学的な領域へと追いやっているのかもしれない。 反省。

補足

民主主義の敵

生まれた日とか、血液型とかいった変えられないものをもとに、その人の人間性を測ろうとする企ては、非人道的であり、また民主主義の敵と言っても過言ではない、と思う。

マーティン・ルーサー・キングは「私には夢がある」と言った。 「いつの日か、私の子どもたちが肌の色でなく人格で評価される国に住むようになる。」

生まれた日や血液型で評価されてたまるもんか。

そういえば、「大本営発表」の大日本帝国陸海軍は、精神主義が好きだったと聞いている。 その反面(いや、同一面?)肉体的(フィジカル)なものも重んじていて、色弱者を「不合格」とした。 ちなみに、アメリカ軍では偵察や狙撃の任務に色弱者の才能を利用していたそうだ。 色弱者のうちあるタイプの人は、一般型にくらべ「緑色の微妙な色の差」に敏感だからである(『日経サイエンス2006年10月号』の「サルの色覚が教えてくれること」参照)。

生まれつき変えられないものをもとに、その人を測ろうとする企て、やっぱり愚劣だよねぇ。

チェックディジット

例えば、『バカの壁』を注文するために、友人からISBNコードを聞いたとしよう。 え? 「978-4106100041」だって? うっそー。  Amazon などで注文する間に、そのコードが間違っていると、判る人には判るのだ。

もちろん、超能力を使ったわけではなく、ISBNコードに仕込まれた規則を知っているからだ。 「978-410610004」から「ある規則」で求めた値は「8」となり、末尾の「1」とは異なる。 そこでもう一度確認すると、正しい ISBNコードは「978-4106100031」だと判る。

その規則とは、次のようなものだ。

この「1」のように、入力ミスなどを防ぐために追加されている数字を「チェックディジット」という。 商品のバーコード(JANコード)などにもチェックディジットが用いられていて、バーコードの読み取りミスがあると、直ちに判明するようになっている。

誕生日と JST、UT

双子は同じ性格で、同じ運命を辿ると決まっているのだろうか?  深夜に生まれ、数分差で別の誕生日になった双子は、異なる性格で、異なる運命を辿るようになるのだろうか?

いやはや、まったく。 血液型占いよりひどいよね。

例えば、日本時間(JST)で1月1日午前8時に生まれた人が居たとする。 この時刻は世界時(UT)では12月31日23時である。

さて、この人のスピリチュアル・ナンバーはどっちで調べれば良いのか?

だいたい、「西暦の日付」に何の意味があるのか?

より「自然」に近付き、「霊的な」ものにしたいなら、「夏も近付く八十八夜」のように、立春とか春分とかを起点にした日数をもとにすれば、「もっともらしい」のにね。

参考

科学的逍遙日誌


*1 もちろん、男性でもスピリチュアルが好き、という例も少なくない。もっとも、霊的なスピリチュアルというより、精神論的なナショナリズムを好む場合が多いかも。どちらにせよ非科学的で、悪くすると非民主的なドツボにはまる恐れがある。
*2 朝日新聞2009年2月15日朝刊のコラム「あめはれくもり」より。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-15 (日) 21:47:36 (3870d)