コンピュータ

LavieとSPAM

ワシが使ってきたコンピュータ、または情報端末。 携帯電話と普通の電卓は除く。 右の写真はノートPCとスパム

1979年

FX-502P

2011年3月9日撮影、まだ動くFX-502P

拡大

カシオのプログラミング電卓。 関数電卓だけど、CASIO FORTRAN でプログラムを組むことができたので、コンピュータの仲間に入れておこう。 卒論で必要な統計計算(二元配置分散分析)をやるために購入。

当時、大学のコンピュータ(メインフレーム)は学生が使わせてもらえるものではなかった。 研究室に小型のコンピュータがあったのだが、ディスプレイがなく、出力はレジのレシートのような感熱紙ロールだけ。 入力したデータ(調査項目1点、例えば「種子の重さ」を100件)に誤りがないかを、そのレジのシートでチェックして、入力ミスがあったら、入力し直しだった。 だから入力時には必ず相棒を見付けて、値を読んでもらい、復唱しながら入力するという、とても手間のかかる機械だった。

それすら順番待ちでイヤになり、卒論のデータ集計が本格化する前に購入を決意した。 作成したプログラムはカセットテープに保存することができた。 もっとも、プログラムは付属の「プログラムライブラリー」に掲載されているものを、そのまま入力しただけである。

FX-502Pの取扱説明書類

入力したデータを保存することはできなかったが、順番待ちを気にすることなく、何度でも入力し直して、結果をチェックできるので助かった。 しかも、誰の手もわずらわせることなく、深夜だろうといつだろうと……。

じつはこの電卓、現役で、まだ使える。 購入したころは、電卓の表示部はネオン管が主流で、fx-502p は液晶表示の「はしり」であった。 「液晶なんて、5年もすると劣化して見えなくなる」というウワサがあったが、なんのなんの、30年以上不都合なく使えている。

1982年

PC-1251

PC-1251用のプログラム集(工学社刊)

シャープのポケットコンピュータ。 24桁1行、英数字のみ表示可能。 BASIC でプログラムを組み、プログラムとデータはマイクロカセット(感熱プリンタと一体型)に保存できた。

やはり分散分析に使おうと思ったのだが、BASIC 言語の勉強を兼ねて成績処理プログラムを組んだり、テキストベースのゲームを組んだりした。

1985年、会社からの帰りに酔っぱらって帰宅するとき落としたらしく、紛失。

1983年

HC-88

エプソンのハンドヘルドコンピュータ。OS は CP/M。 最初の仕事を辞めた時の退職金をすべて注ぎ込んだ。

思えばこのときから、小さなコンピュータ、使える携帯情報端末が欲しいと考えるようになったのだ。

日本語表示可能なディスプレイを備え、マイクロカセットテープにプログラムやデータを保存できた。 専用熱転写プリンタを買って、日本語ワードプロセッサ(ワープロ)としても使った。

実家に永らく放置したのち処分。

1985年

PC-1261

PC-1261用のプログラム集(工学社刊)

シャープのポケットコンピュータ。 PC-1251 を紛失したので、後継機種を購入。

PC-1261用

ディスプレイが24桁2行となり、カタカナが表示できるようになっていた。 いずれこのくらいの本体サイズで日本語(かな漢字)ができるようになるだろうが、キーのサイズはどのように確保するのだろう、などと漠然と思っていた。

ちなみに、プリンタ&マイクロカセットレコーダー CE-125 に接続すると、データの書き込み・読み込みや、プログラムリスト・計算結果の印刷ができた。 データの読み書きに使うのは、マイクロカセットだった。

CE-125のマイクロカセットレコーダー

デジタルデータをアナログメディアに保存していたのである。 小さいけれど「メカ」である。 「進む」ボタンを押し込むとヘッドが移動し、モーターの歯車と駆動軸がかみ合う。

CE-125のマイクロカセットレコーダーの裏側

裏返すと、テープカウンタなどがモーターの力によって輪ゴムで駆動されていることがわかる。 最近のスマートフォンやタブレット PC に機械的な駆動部分がまったく無いのとは対照的だ。

2000年頃、経年劣化により死亡。

PC-9801U2

PC-9801U2、1991年7月14日撮影

NEC のデスクトップ PC。 本格的に仕事にも趣味にも使えるコンピュータが欲しいと考えて、当時、日本における標準的PCとしての地位を確立しつつあった PC-9800 シリーズ、通称「キューハチ」を選択。 フラッグシップは PC-9801VM だったが、ペニャペニャの5インチFDが嫌いだったので、3.5インチFD搭載の PC-9801U2 を購入した。

標準搭載のメモリはわずか 128KB で、これでは日本語ワードプロセッサ「一太郎」が動かないので、増設して 256KB とした。 それでも不足なので、1MB の RAM ボードを買ってきて、本体メモリを 512KB、残り 512KB を RAM ディスクとして使うなど、アレコレ工夫した。

MS-DOS を FD から起動して、プログラムやデータは適宜 FD を入れ替えて、なんていう使い方をしていたが、これがとても面倒だった。 NEC 純正の外付けハードディスクドライブ(HDD)は高価だったので、今はなき緑電子の 20MB(!)のドライブを 14万円で購入。

TB単位の HDD に手が届き、GB単位のメモリがコインで買えたりノベルティでもらえたりする現状を思うと、「1MB 1万円を切った!」なんて言って喜んで買ったころが冗談みたいである。

HDD 内の複数のプログラムを選択起動できるようにするため、MS-DOS のコマンドを勉強した。

最もよく使ったアプリケーションソフトはワードプロセッサ「一太郎」と表計算ソフト(簡易言語)「Lotus 1-2-3」で、N88-BASIC(86) で自作したプログラムもたくさんあった。

モデムをつないでパソコン通信も開始した。 マウスをつないでお絵かきも試したので、現在の PC 利用のスタイルはこのころから大きく変わっていない……ように思う。

1993年頃、プログラムの勉強をしたいという会社の後輩に譲った。

1988年

PC-286LS

エプソンのラップトップ PC。いわゆる 98 互換機。 結婚後に最初に買った PC である。 妻が実家に帰って出産したときには、モデムと一緒に持って行って、仕事やパソコン通信に使った。

640×400ドットのモノクロ液晶ディスプレイとキーボード、HDD、2基のFDDを備えていて、単独でコンピュータとして機能するので場所を選ばず使えた。 場所を選ばないと言っても、さすがに膝の上に置くには重すぎたので、任意の机や床の上、ということだが。

Windows95 が主流になったころ、MS-DOS 搭載の国産 PC が必要だという知人(印刷所勤務)に譲った。

1992年

Macintosh LC

アップルのローコスト・カラー Mac。 2度目の転職後に最初に買ったコンピュータ

仕事柄、CD-ROM 教材や GUI に触れておく必要があったのと、子供にも使わせてみたかったので、Macintosh を選択した。 MS-DOS とはまったく違う世界で面白かった。

CD-ROM絵本「おばあちゃんとぼくと」、3Dシューティングゲーム「スペクトラ」、お絵かきソフト「キッドピクス」などを楽しみ、ハイパーカードで音の出る・絵の動く絵本の自作も試みた。 三歳児も、トラックボールだと難なく操作できた。

引越しの際、Macintosh が好きだという知人に譲った。

1994年

ThinkPad? 220

IBM の PC-DOS 5/V ノート PC。 仕事で行った Windows の展示会で見て、その足で秋葉原へ行って衝動買い。

PC-DOS 5/V は MS-DOS 5 の IBM 版で、GUI 風の PIM(Personal Information Manager)ソフトがインストールされていた。 しかしどうしても Windows を使ってみたくて、別途購入した。 ただし、Windows 3.1 をインストールするのに、フロッピーディスクを十数枚入れ替えなくてはならなくて、時間がかかって閉口した。

ThinkPad? 230Cs を買うとき、下取りで販売店に引き取ってもらった。

1995年

ThinkPad? 230Cs

IBM の Windows 3.1 ノート PC。 ThinkPad? 220 をカラー化し、一回り大きくしたようなマシン。

電話回線につないで、当時の Nifty-Serve 経由でインターネットに接続することも試してみた。 もちろん、そのころのブラウザは NCSA Mosaic である。

会社では 1997 年からインターネットにサイトを設けることになったため、その HTML も ThinkPad? 230Cs で手打ちしてみたりした。

2000年ごろ死亡。

1997年

Mebius A30

シャープの Windows 95 ノート PC。

天文シミュレーションソフト「Red Shift」や 3D モデリングソフトなど、結構無茶な使い方をした。次の図も、この PC で作成したものだ。

フラーレンの立体模型

2009年、リサイクル。

1998年

会社に DTP 環境が導入され、Macintosh で Illustrator をいじったりするようになる。

Libretto 50

東芝の Windows 95 ミニノート PC。 会社に持って行って、赤外線通信でデータをやり取りしたりもした。

2010年、バッテリー液漏れ、リサイクル。

1999年

このころから会社で Windows network と Web サーバをいじるようになる。

LPC-P245MB/NU1

Logitec の Windows 98 マシン。 HDD を2台積んだり、3.5インチ MO(光磁気ディスク)を組み込んだりと、いろいろ注文を付けた。 会社でしょっちゅう不調な PC をいじるので、ウチに帰ってまで PC のことで悩みたくない、ということで、自作はしないのだ。

このころ、ISDN(INS64)回線を引いて、インターネット接続の高速化を図る。

MO と 1.2MB フォーマットの FD はこの PC でないと開けないので、なかなか捨てられなかったが、2011年5月、ハードディスクのデータを完全消去して、リサイクルに。

2000年

Web サーバの管理が仕事になる。

VALUESTAR C

NEC の Windows Me マシン。 TV が不調になったので、TV の見られる PC はどうだろう、と買ってみたが、よろしくなかった。 コンシューマ向け PC はソフトがてんこ盛り過ぎて重いのだ。

TV を見るために Windows Me の起動を待つ、というのも本末転倒だし。 CD-R を焼こうとすると、ピックアップのレーザー出力が小さいのか、ディスクを選ぶし(国産のディスクでないとダメなのだ。ベストは太陽誘電製)。

Windows Me という OS そのものが「ハズレ」だったしね。

2003年、起動不良につきリサイクル。ハードディスクのデータは、ディスクを物理的に破壊して消滅させた(要するにバラしてディスクに傷を付けたのである)。

2001年

会社では、ミニコン AS/400 の勉強をする羽目に。データベースの DB2 とか、端末エミュレータとか、Windows サーバとの連携とか。

Palm Vx

パームトップコンピュータ、というか携帯情報端末、というか PDA というか。 スケジューラ、ToDo 管理、メモ帳として重宝していたが、ハードウェアトラブルで起動しなくなる。

N504iとPalmVx

仮死状態だが、クレードル経由で通電すれば動く。

2003年

d330ST

こんがd330STのスイッチを切る

HP Compaq の Windows XP マシン。

NEC の Windows Me マシンが「おまけ」ソフトがてんこ盛りで安かった反面、動作が不安定でどうしようもなかったことから、プリインストールソフトが少ない、BTO(Built To Order)にした。 HP のオンラインショップで購入したのである。

プリインストールソフトは Windows XP と HP のユーティリティだけ。 以前に使用していた PC のソフトを必要に応じてインストールして使用。

引っ越しを機に ISDN をやめてケーブルテレビのインターネット回線を利用することにした。 無線 LAN 化も試みる。

2011年6月11日、電源またはシステムボードの不具合によりいきなり死去。 2011年6月23日、リサイクル。ハードディスクは取り外し、IDE - USB 変換ケーブルを接続して外付け HDD として使用。

2004年

PC-LL750BD(LaVie?)

NEC のノート PC。

貰いもの。Widows XPマシンだったが、メモリが256MBしかなかった。 それなのにアプリケーションてんこ盛りで、重くて使えたものではなかった。

そこでフォーマットして Linux(Knoppix)マシンにしたが、やっぱり Windows が使えないと不便なので、メモリを512MB足した。

OpenOffice?.org、InkScape?、GIMP などの試用にも使用。

2007年

インターネット回線を CATV から NTT のフレッツ光に変えた。

2010年

pomera DM20

ポメラはキングジムのデジタルメモ。 通信機能がないので、メールもインターネットもできない。 モノクロ液晶ディスプレイとメモリの付いた折り畳みキーボード、みたいなものである。

iPad と pomera

上の写真は会社から借りてきた iPad と並べてみたもの。 ポメラのキーボードはノート PC と同等のサイズなので、テキスト入力は iPad より楽だった。 ポメラでは入力したテキストをバーコード(QRコード)として表示できるので、それを携帯電話で読み取ってメール送信すれば、ブログの更新ができる。 ブログの執筆ツールという用途で比較すると、iPad よりも使いやすいかもしれない。

(参考)

Pavilion dv6

HP Compaq の Windows 7 搭載ノートPC。

大学生のムスメが大学のポータル(入口)を見るとかレポートやらメールやらに使うとか、PC の使用頻度が上がったため、追加したのだ。

そのため無線 LAN が必要になったので、WZR-HP-G301NH を購入して接続。 ついでに 500GB の外付け HDD を購入して簡易 NAS として使用。

2011年

HP Mini110

HP Compaq の Windows 7 搭載ミニノートPC。 いわゆるネットブック。

購入者はワシだが、ユーザーは下のムスメ。

EPSON Endeavor ST150E

メインマシンのデスクトップPC、HP Compaq d330ST がいきなり死去したため、代わりのデスクトップPCが必要になって急遽購入。

HP のビジネス向けの省スペース PC が欲しかったのだが、オンラインショップでは見当たらなかった。 ……というわけで、久々のEPSON。

スマートフォン

2011年からスマートフォンを使い始めた。

スマートフォンについては携帯電話を参照のこと。

2012年

ARROWS Tab Wi-Fi

2014年

HP Slate7 Extreme

Arrows Tab,Arrows NX,HP Slate7 Extreme

写真は奥が Arrows Tab(FAR70A)、手前左が Arrows NX(F-06E)、手前右が HP Slate7 Extreme(4405RA)。 ディスプレイのサイズはそれぞれ約10インチ、約5インチ、約7インチ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-22 (土) 23:18:46 (1160d)