クイズ/箱根駅伝と生物の進化

解答と解説

答えは「復路第10区:芝公園付近」。 恐竜の絶滅は、たった6500万年前のことだからね。

では、おおざっぱに生物の進化の歴史をたどってみよう。

箱根駅伝のコースと生物進化上のできごと

最初の生命、自己増殖する細胞がいつ出現したのか、はっきりわかっていない。 化石に残された証拠からは、約36億年前と思われる。 このときを、往路第1区、大手町のスタート地点と考えよう。

スタートしてから第4区の平塚中継所までの間、地球の風景は殺風景な大地と海だけで、生命の姿ははっきりと見られない。 じつは、海には単細胞の生物、とくに細菌や藻類がたくさんいるのだが……。

第4区:平塚中継所を過ぎたあたりの約25億年前に、多細胞生物が現れた。 クラゲのような生物や、ひらべったいパンケーキ状の生物(エディアカラ生物群)の化石が残されている。

箱根で折り返し、第9区:戸塚中継所を過ぎたところで、ようやくなじみ深い生物が登場する。 三葉虫やアノマロカリスなどの、カンブリア紀(5億4000万年前〜)の生物である。

……ということで、その後のイベントはすべて、第10区:鶴見中継所を過ぎてから起こったのである。 鶴見から川崎までの間に、魚類や陸上植物が出現し、魚類の中から上陸して両生類となるものが現れる。 このころ、石炭の元となった大森林が形成される。 大森を過ぎるころ、海中には多くのアンモナイトが見られ、地上を恐竜が歩き回っている。

そして、芝公園のあたりで(生物が出現してから何個目かの)巨大な小惑星が地球に衝突し、恐竜が絶滅する。

有楽町や日本橋を過ぎる間に、哺乳類が急速に進化し、ゴールの200mくらい手前でようやく、人類が現れる。

……というわけで、人類の「歴史」はすべて、ゴール前のカメラに写ってしまうことになるのだ。

(以上、2008年1月2日に記す。以下追記)

2011年1月3日、國學院大學の寺田はゴール前120mでコースを間違え、約30mロスしてからコースに戻り、スパートをかけてシード権を獲得した。

「地球生命の歴史」のドラマを箱根駅伝の長さと同じに作ったら、人類の歴史は寺田の迷走と同じ長さになるのだ。 寺田のエピソードのように、ハッピーエンドになれば良いのだが。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-20 (月) 00:06:01 (1154d)