クイズ/冬の大六角形を描くには?

解答と解説

これが冬の大六角形だ!

冬の大六角形

オリオン座のリゲル、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ふたご座のポルックス、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバランをつなぐ巨大な六角形である(描き方は「冬の大六角形」を参照)。

あまりにでかくて視野いっぱいなので、目玉か首を回しながら見上げることになるが、気分も壮大になる*1

ちなみに、同じ星空に冬の大三角形を描くと、次のようになる。

冬の大三角形

最後に、冬の大六角形を構成する恒星が所属している星座名を示しておこう。 もう、これだけ大きな図形を見ちゃうと、星座なんていうチマチマしたものは、どうでもよくなってくるけど、まぁ、星空の区分であるからね。

冬の星座

参考


*1 でかいものを見ると自分が矮小に思えそうなものだが、なぜかそうならない。生活に疲れてくさくさするときは、山か海へ行って空を眺めるに限るね

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-25 (木) 00:45:14 (3924d)