クイズ/冬の大三角形を横から見ると?

解答と解説

冬の大三角形をつくる星の中では、シリウスが太陽に最も近い。 その次がプロキオンである。 ベテルギウスが最も遠い。

太陽から遠く離れて、横*1から冬の大三角形を見ると、次の図のような具合になる。

太陽とシリウスとプロキオン

妙にひしゃげていて、三角形になっていない。 ベテルギウスが見えないし。

ベテルギウスが見えるところまで引いてみよう。

横から見た冬の大三角形

拡大

三角形だけど、ひしゃげている。 もしもこの方角から見ている誰かが居たとして、この三つの星をつないで三角形を作ろうとは思わないだろう。

こうしてみると、わずか10光年程度の近傍の恒星と、数百光年離れた巨大な恒星を結んで図形を描くなんてことは、地球でしかできない「狭い了見」に基づくものだとわかる。

ベテルギウスとリゲルという数百光年離れている星をまとめて一つの「星座」として空想しちゃう、というのも、これまた「狭い了見」によるものだよねぇ。 どうして、こういうふうに広い空間にちらばっている星を無理矢理まとめた「架空の集合」が、人間の運命に影響を与えるなんていう妄想を抱く人が居るのか不思議だ。

なお、上の図では、それぞれの星の明るさは考慮していない。 相対的な明るさで表示したら、太陽やプロキオンは見えないかもね。

参考


*1 天の赤道に平行で、太陽とオリオン座を結ぶ直線と垂直な方向。地球上なら、オリオン座のほうに向かって立って、右手を肩より高く上げ、指差した方向。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-24 (水) 00:56:03 (3831d)