クイズ/世界の動物がもし100種類だったら?

解答と解説

正解は、「節のある足を持つ動物(昆虫、エビ、カニなど)」、節足動物(せっそくどうぶつ)である。約130万種類の動物のうち、約100万種類が節足動物なのだ。

さらにその中でも、昆虫類の数がもっとも多く、すべての動物が100種類だとしたら、56種類は昆虫である。だから、地球という惑星の真の支配者は、昆虫だという科学者もいる。

なお、「背骨のある動物(けもの、鳥、魚など)」、つまり脊椎動物(せきついどうぶつ)は、100種類のうちの3種類にすぎない。しかも、そのうちの2種類は魚で、1種類は鳥である。

「細胞が一つの動物(アメーバ、ゾウリムシなど)」、つまり原生動物(げんせいどうぶつ)は、100種類のうちの2種類である。ただし、このあたりの「小さな」動物となると、まだ発見されていないため、名前の付いていないものも多いと考えられる。つまり、本当はもっと多いかも知れない。

さて、今回は植物や細菌のことは考えなかった。地球は、いったい「だれ」のものなのだろう?

【参考】動物の種数

国立天文台編『理科年表 2000年版』(丸善株式会社)より

種数割合
脊椎動物45,6303%
原索動物1,6000%
棘皮動物6,1000%
半索動物1000%
毛顎動物1000%
有髭動物1350%
箒虫動物150%
外肛動物4,5000%
腕足動物3300%
節足動物1,000,00075%
舌形動物1000%
緩歩動物4000%
有爪動物800%
星口動物3200%
環形動物14,0001%
ゆむし動物1350%
軟体動物112,0008%
腹毛動物4500%
輪形動物1,8000%
線形動物80,0006%
類線形動物2500%
動吻動物1000%
胴甲動物100%
鈎頭動物1,0000%
鰓曳動物170%
内肛動物1500%
紐形動物9000%
顎口動物1000%
扁形動物15,0001%
中生動物1000%
有櫛動物1000%
刺胞動物9,5001%
板状動物10%
海綿動物10,0001%
原生生物33,2502%
1,338,273100%

脊椎動物の内訳

無顎類840%
軟骨魚類8460%
硬骨魚類23,6002%
両生類2,5000%
は虫類6,3000%
鳥類8,6001%
哺乳類3,7000%

節足動物の内訳

クモ類35,0003%
ウミグモ類1,0000%
甲殻類39,0003%
ヤスデ類10,0001%
ムカデ類2,8000%
コムカデ類1600%
昆虫類750,00056%

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-05 (土) 21:31:45 (4700d)