クイズ/この星座は何?

解答と解説

正解は、カシオペヤ座である。 ちなみに、右側には、アンドロメダ座の一部が写っている。

北の星空の長時間露光写真

まず、この写真では星が円弧になってしまって判りにくいので、写真を撮り始めたときの明るい星の位置を示してみよう。

円弧のようすから、星の回転の中心、つまり天の北極は左側にあることが判る。 その天の北極を中心に、北の空の星は左回り(反時計回り)に回っている。 したがって、写真を撮り始めたときの星の位置は写真の下側になる。

撮り始めの星の位置

この星の位置を線でつないで、星座の形を考えてみよう。 ワシはズルをして、プラネタリウムソフト「Stella Theater Pro」で当てはまる星座を探してみた。

北の空の星 by Stella Theater Pro

こうして、左にカシオペヤ座、右にアンドロメダ座(の一部)があることが判った。

星座の線

なお、写真には6等星よりも暗い星も写っている。 カシオペヤ座の後ろがぼぉっと明るいのは、銀河(天の川)だろうか。

これらのことから考えると、たぶん、この写真は山で撮ったものだろう。 ……しかしまぁ、何で撮ったときのことをまるきり覚えていないのかなぁ。 よくあることだが、酔っ払っちゃってたのかなぁ。

追記

元のスライドを調べてみたら、「1981.11.22. F3.5 20分露光」とメモ書きがあった。 この日は、足尾ニホンカモシカ観察に出かけていた。

……ということは、これは営林署の小屋に泊めてもらって飲んでいるときに、戸外に三脚を据えてカメラを北の空に向けて放置、じゃない、シャッターを開放して撮った写真である。 うまく撮れるかどうか、まったく確信が持てないまま、試しに撮ってみたらうまく行った、という1枚だろう。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-08 (日) 22:41:12 (3843d)