箱根駅伝と生物の進化

正月恒例の東京箱根間往復大学駅伝競走、通称「箱根駅伝」。 箱根駅伝のコースは往路107.2km、復路109.2kmの合計211.4kmである。 この距離を10人の選手が11時間あまりで走り抜ける。

箱根駅伝のコース

さて、生物の進化の歴史を、この箱根駅伝の時間に縮めてみよう。 いや、タイムは年によって変わるので、コースの距離で考えてみよう。 つまり、箱根駅伝のコースと同じ長さの生物進化の歴史年表を作ってみよう。

長い長い年表を作り、大手町の読売新聞社前で「36億年前:最初の生命」と書く。 年表を東海道に沿って伸ばして箱根で折り返し、大手町に戻ってきたところに「現在:人類滅亡の危機」と書く。 途中には、「三葉虫の登場」とか「生物の陸上進出」といったイベントが書かれてる。

ここで問題。 「恐竜の絶滅」はどのあたりになるだろう?*1

クイズ解答/箱根駅伝と生物の進化

初出:【科学的逍遙


*1 この年表の目盛りは均等にふってあるものとする。普通見かける地質年代や生命史の年表は、目盛りが均等ではないのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-02 (水) 22:46:44 (4246d)