冬の大三角形を横から見ると?

冬の大三角形を構成する星

冬の空に大きくオリオン座が浮かぶ。 左上の赤いベテルギウスと、右下の青白いリゲルが目立つ。 オリオン座の下で、おおいぬ座のシリウスが目を射るような青白い光を放つ。 その近傍で柔らかい黄色く輝くのは、太陽に似た星だという、こいぬ座のプロキオン。

ベテルギウスとリゲル、プロキオンの三つの星を結んでできるのが冬の大三角形である。

冬の大三角形

この冬の大三角形を、横から見るとどのように見えるのだろう?

つまり、地球から遠く離れたところから見たら、どんな三角形になるのだろう?

地球と天の赤道(オリオンの三つ星あたり)を結ぶ直線に対して直角の方向、天の赤道面と平行に遠ざかって行って、地球を振り返ってみたときのことを考えよう。 いやー、わかりにくいね。 オリオン座のほうに向かって立って、右手を肩より高く上げる。 その手の指す方向へ、どこまでも、どこまでも、そうだな、数万光年くらい離れて、地球を(というか太陽を)振り返ってみる。*1

さて、どんな三角形になるだろう? 

クイズ解答/冬の大三角形を横から見ると?

(2008年12月23日出題)


*1 数万光年旅するのにかかる時間は考えない。ワープでも何でもいいや、星の位置は現在と変わっていないものとする。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-24 (水) 00:22:12 (3828d)