ウッドデッキ

「裸足で出て行ける庭」が長年のコンセプトなのだが、なかなか実現は難しい。 庭に芝を張り、コンクリートのテラスはウッドデッキで覆ってみた*1

2003年10月、完成直後のウッドデッキ

ウッドデッキは、いろいろネットで調べて、中川木材産業のキットデッキにした。 比較的安価で、作りやすそうだったからだ*2。 コーススレッド(木ネジ)の頭以外の金属が、いっさい表に出ない設計なのも良かった。

2006年10月、雨の日、ウッドデッキで庭を眺めるこん

現在、ウッドデッキこんのお気に入りの場所の一つになっている。 ……というか、ウッドデッキのいちばんの「利用者」はこんなのである。

2007年12月、ウッドデッキでひっくりかえっているこん

ちなみに、ウッドデッキのサイズは、庭に物干しを置く都合で決まった。 180cm×180cmのキットデッキは、メーカーに頼んで奥行きを半分にしてもらったりした。 ……というわけで、洗濯物で物干しがいっぱいになると、冬にはウッドデッキは半ば日蔭になる。 こんは影の移動につれて、寝場所を移動する。

下の写真は雨上がりの朝、物干し竿の影で「二重取り消し線」を引かれたような状態のこん

2007年12月、二重取り消し線犬

参考


*1 ちなみに、ウッドデッキは経年変化によりトゲやささくれができるものなので、足の裏が丈夫でない人は、裸足で歩かないほうが良いだろう。
*2 それでも、ドリルドライバー、インパクトドライバー、12mmのドリルビット、水準器などを買い揃える必要があった。もちろん、これらの工具は、その後幾多の木工に役立っている。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-06 (日) 23:00:07 (4242d)