グリズリー

grizzly bear(ハイイログマ、アラスカヒグマ brown bear)

親子

アラスカ/デナリ国立公園のパークロードをワンダーレイクに向かって走っていたシャトルバスが止まり、運転していたレンジャーが窓の外を見ろという。 道のすぐそばに、グリズリーの親子が居た。

アラスカ・デナリ国立公園のグリズリーの親子

別の日に、同じ親子が食べ物を求めて遠くの斜面を歩いているのを見た。

アラスカ・デナリ国立公園のグリズリーの親子

花咲く斜面のグリズリー

アラスカ・デナリ国立公園のグリズリー

夏のツンドラはさながら高原のお花畑のようである。 その花咲く斜面をそぞろ歩くグリズリーを、こちらもそぞろ歩きながら見るのは良い。

だが、ふと足元を見ると、グリズリーの糞があったり、ホッキョクジリスの巣穴を掘り返した跡があったりする。

アラスカ・デナリ国立公園にて。グリズリーの糞

ついさっきまで、ここにグリズリーが居たのか。 ひょっとして、あの稜線を越えたらバッタリ出会ったりするのでは、と思うと、トレッキングはとたんにスリリングになるのだった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-16 (木) 21:45:58 (4496d)