昆虫

ツンドラの昆虫

夏でも朝には氷点下になることもあるデナリ国立公園のツンドラ、そこにも昆虫はいる。 花を訪れ、花粉を媒介(ばいかい)する昆虫(訪花(ほうか)昆虫)がいなくては、色鮮やかな花は咲かない。

ただし、数は少ない。 だからこそ、花はより鮮やかに、そして集団で咲き競うのだろうか。

アラスカ・デナリ国立公園にて、カラフトヒョウモンの近縁種

拡大

イワベンケイで休息するカラフトヒョウモンの近縁種。

アラスカ・デナリ国立公園にて、カラフトルリシジミの近縁種

拡大

日当たりの良い岩の上では、カラフトルリシジミの近縁種が羽を広げて、日光浴をしていた。 なんだか拍子抜けするくらい、日本のシジミチョウと似ているのだ。

多くの植物とともに、これらの昆虫もアリューシャン陸橋を通ってアジア大陸から渡ってきたのだろうか。

嫌われ者のために

ツンドラでも針葉樹林帯を流れる川原でも河口でも、北の大地で悩まされるのは、血を吸う虫だ。 カや、ちいさなブヨにたかられると、たまったものではない。

……ということで、虫除けを身体に塗る。 その虫除けも、日本のものではアラスカの虫には効かない、というので、現地のアウトドア・ショップで買った。

カパー・センターにて、川原で「虫除け」を塗った

拡大

これがまた、鼻にツーンとくる強烈な刺激臭で、虫除けどころか、人除けにもなりそうなくらいだった。 虫除けをたっぷり塗ってシャトルバスに乗ったとき、こりゃあもう、ほかの乗客の皆さんに嫌われるに違いない、と思ったのだが、皆さん意外と平気だった。 アメリカ人の皆さんは、アノ手のにおいに鈍感なのだろうか?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-17 (木) 22:55:10 (4169d)