こんの2010年正月

2010年の年賀状に使った画像……虎模様のこん

正月に「意味」はあるか

2009年1月に科学的逍遙日誌のほうに書いたのだが、正月の意味を考えてみると、自然科学的には、何か特別な日というわけではない。

だがもちろん、人間社会に暮らしている以上、ワシも何かしら正月らしいことをせずには過ごせない。

というわけで、家族の一員であるこんにとっても、正月は何かしらいつもと違うことの起こる日々となる(こん/正月)。

ワシのほうも、今年もこんを年賀状の題材に使ったりして巻き込んでいるわけだが。

虎模様のこんの作り方

単にこんの写真を載せるのではツマラナイ。 さて、どうしよう……と考えたとき、2010年の干支が寅であることを思い出した。

よし、こんにトラの着ぐるみを着せてやろう、と思ったのだが、物理的な着ぐるみを作るのは大変である。 着ぐるみのイラストを描こうかとも考えたが、それもなかなか面倒だ。

……ということで、最も手抜きな「写真を加工」で済ませることにした。

まず、こんの写真を用意する。 最近の写真に良い雰囲気のものがなかったので、2007年5月のものを選んだ。 こん/イヌとヒトの年齢換算表で調べると、10歳くらいサバ読んだことになるが、まぁ勘弁してもらおう。

2007年5月、花咲く庭でくつろぐこん

この写真を Adobe Illustrator 8*1に配置し、そこに虎模様を描いた。

Illustrator で描いた虎模様

この二つの画像を重ねると、次のような具合となる。

2010年の年賀状に使った画像……虎模様のこん

かなりの手抜きだし、どう見てもトラではないが、似合っているじゃないか、こん。 来年はウサギにしてやろうか……。


*1 かなり古いバージョンだが、ウチでは現役である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-01 (金) 00:00:04 (3517d)