こんの怖いもの

雷に怯えて下駄箱の下にもぐり込む

雷怖い[拡大

散歩中に雷が鳴ったときには、もうウチへ向かって一目散。 ウチの中では、座卓の下に潜り込んでビクつく始末。 逃げ込む場所は、ほかに洗面所、クローゼット、階段下の物置、そして下駄箱の下……。
花火
ウチの二階から近所の花火大会の花火がよく見えた。 もちろん、大音響であった。 でも、家族から離れたところに行けなくて、隣の部屋にうずくまっていた。 ちなみに、運動会などの合図に鳴らされる、音だけの花火も怖い。 運動会シーズンは、庭で遊べなかった。
スプリンクラー
近所の小学校の校庭にある。 散水するときの音が怖い。
町内放送
「なんだか大きな声で話す人が居て怖いよ〜」というわけで、散歩中なら中断、庭での遊びも中断して「おうちに入る」ことになる。 9月1日の防災訓練が一番怖かったようだ。
古紙回収
やっぱり「大きな声」が怖いらしい。 古紙回収車のほか、竿竹屋、灯油の販売車など、庭での楽しいひと時を妨害する輩は多いらしい。
車庫のシャッター
散歩中、よその家の車庫のシャッターが風で音を立てたのが怖かった。 空き地のフェンスの「立入禁止」などと書いてある鉄板も、日によっては怖い。 ……というか、こいつらは音さえ立てなければ怖くないのである。
消防車
消防団が(かね)を鳴らして巡回しているのが怖い。 雨の夜の散歩中、遠くの音が怖いので逃げ回って路地を曲がったら、本体と直接遭遇してしまった。 以来、遠くでも駄目。 静かに停まっているときでもピカピカしていて、中から同じ服装のおじさんがわらわら出てくるので、すごく怖い。
おじさん
知らないおじさんは一人でも怖い。 たくさん居ると、声だけでも怖い。
お坊さん
夜の散歩で公園へ向かう道すがら、近所の戸口で太鼓の音と「南無妙法蓮華経」という大きな声が聞こえた。公園へ向かって全力疾走しながら、気にして振り返っていた。公園を一周したら、入り口から太鼓の音が……。踵を返し、別の入り口から遠回りして帰る羽目になったのだった。
小学生(女の子)
「かわいー」とか言いながら近寄ってきて触られるので怖い。
小学生(男の子)
単独なら大丈夫。たくさん居ると、騒がしい上に予測不能の動きをするので怖い。 スポーツ少年団が小学校に集合していると、小学校の脇の散歩ルートは通れない。
動物病院
駐車場に着いたとき、車から降りたがらない。 仕方がないので抱いて待合室に入るのだが、もう、可笑しいほどブルブル震えている。 シッポは当然、股の間にたくし込まれている。 診察室でもブルブルは止まらず、声も上げない。 恐怖のあまり、注射されていることにも気付いていないのではないだろうか。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-29 (月) 22:58:42 (2211d)