こんは沢が好き

2007年10月

20071024桃沢川にて

こんを連れて沢へ行った。 山へ登るのもキツイので、クルマで20分ほどの親水公園である。

走り始めて5分も立たないうちに、よだれがダラダラになってしまうので、ひやひやドライブになってしまう。 よだれはかなりいっぱい出たが、朝ごはんを食べさせなかったためか、吐くことはなかった。

公園についてしばらくは遊歩道を縦横に歩き回っていたが、そのうち、沢に向かって走り出した。

こんは沢(川の上流部)が好きなようだ。 普段やたらとビクビクしていて、今朝の散歩は稲刈りのコンバインに阻まれて中断するほどなのに、沢音はまったく平気なのだ。

そして、沢の向こうに渡りたがるのである。

20071024桃沢川にて

渡るといっても、泳ぐわけではない。 岩の上を跳んで行くのである。

リードを持ってついて行くワシも岩の上を跳んで渡らなければならないから、必死である。 2時間ほど、何度も沢を渡り、親水護岸を駆け回った。

さすがにワシは体力の限界を感じ、2度ほど滑ってコケそうになった。 このままでは、滑って岩の上に尾骶骨(びていこつ)打ち付けるか、踏み外して沢にはまるか、悪くすれば骨折の危険もあるように思ったので、名残惜しげなこんをクルマに押し込んだのだった。

そんなに沢が好きなら、(ドライブは我慢して)また来ようね。

2008年5月

新緑の沢にて(携帯電話で撮影)

拡大

半年後、ふたたび同じ沢へ。

通勤に使っている Kei(スズキの軽自動車)で行ったせいか、こんはあまり気分が悪くならなかったようだ。 よだれは多少出ていたが。

やっぱり岩の上を跳んで歩くのが好きだが、ワシも対策として長さ5mの伸縮式リードを用意して行ったので、ずっと一緒に跳んで歩かずに済んだ。 とは言っても、5m離れれば、ついて行くか、呼び戻さなくてはならない。 リードを引っ張るとこんが沢に落ちるので、コチラが跳ぶ羽目になることもしばしばだ。

それはともかく、こんは今回は何度か沢に飛び込んでいた。 泳ぐわけではない。 足を濡らして歩くのは好きなようだ。

沢遊びは楽しくて良いが、沢沿いのけもの道でダニをもらっちゃうのが困ったところだね。

参考

こんはアウトドア犬の素質はあるのだが、車酔いが課題だ。 ということで、過去の記事。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-27 (火) 23:40:02 (4132d)