こんにとって正月とは?

こんにとって正月とは、何か特別なイベントなのか?  ……と考えたところ、やはり、特別なイベントであると思う。

正月だから、晴れたら散歩

なぜなら、毎日昼間からワシがゴロゴロしていて、いつでも散歩*1に連れ出すことができるからだ(2009年正月、実態が多少違ったので、後に記す)。

それだけではない。

正月だから、アレがもらえる

こんが楽しみにしているアレとは……。 鏡餅の容器である。

マンガのための作り話ではない。 証拠の写真もある。

20070111鏡開きの日のこん

日誌/2007-01-11

上の写真は 2007年のもの。 2008年も同様に大騒ぎだった(2009年の様子は後ほど記す)。

2008年1月11日の鏡開きの日

拡大

大好きなコングパンそっちのけで、モチの容器にかじりついていた。

20070107百人一首に参加中のこん

日誌/2007-01-07

ちなみに、こんは百人一首にも参加したりする。 目の前の札を取ろうとするとウ〜ッとうなり声を上げるのである。

2009年正月の実態

晴れても散歩は夜

……やっぱり昼間の散歩はイヤのようだ。 いくら誘っても、布団の上にひっくり返って「降参」するばかり。

日没ごろから散歩に出て、とっぷり暮れるまで*21時間以上*3、三日月の下での散歩となった*4

で、鏡開きは?

2009年1月11日、鏡開き。 といっても、普通の切り餅の入ったプラスチック容器を「開く」だけである。 すでにこんは待機状態。 「マテ」と指示して、容器を床に置く。

2009年1月11日の鏡開きの日、待機中

拡大

「ヨシ」と声をかけると、猛然と襲いかかる。 あまりの勢いに、こんも容器も被写体ブレを起こしている。

2009年1月11日、鏡餅の容器に襲いかかる

押さえようとしても滑るので、大きな口を開けてかぶりつく。

2009年1月11日、大きな口だねぇ

穴が開くほどの勢いで噛み締める。 こうなると勝負は見えたかな(初めからこんが勝つに決まってはいるのだが)。

2009年1月11日、勝負は見えたかな

拡大

戦い済んで、こんは窓辺でまどろむ。 この後、朝ご飯と引き換えに、容器はリサイクルへと引退していくのであった。

2009年1月11日、戦い済んで、気が抜けて

拡大


*1 よく考えたら(考える前に解れよ、と突っ込まれても仕方ないが)「散歩」って「逍遙」と同じじゃないか。
*2 つまりちょうどマジックアワーの散歩となったわけである。
*3 1月1日の日没後には、金星の下に三日月、さらに地平線近くに木星が見えた。木星の脇に小さく光っていたのは、たぶん水星であろう。長時間散歩しているのだから、いろいろ見られるわけである。
*4 上の図では、北の空が背景なので三日月は見えない。なお、星の位置はいいかげんである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-11 (日) 16:53:29 (3810d)