イヌを飼う覚悟

イヌを飼うには、さまざまな覚悟が必要である。 こんをもらって来る前に、ウチでもその覚悟を決めていたはずであったが、それにしてもいろいろな我慢や面倒を強いられること……。

以下、どんな覚悟が必要になるのか、思い出したときに書いて行こう。

雨の日の散歩

雨具を着たこん

こんがウチに来てから半年ほどは、雨の日は雨具を着せていた。 しかし、雨具を着せるとウンチをしにくいようなのと、リード用の穴から濡れてしまうことなどから、面倒になってやめてしまった。

そこで雨の日は、人間は雨具を着るが、こんは濡れるままである。 ウチに帰ってから、バスタオルで拭きまくるのである。 ビッチョリの状態から我慢できるレベルまで「タオルドライ」するには時間もかかるし、手間もかかる。

しかし、そのほうがこんも気持ちが良いようである。 とくに、顔を拭いてもらうのが好きで、自分からタオルに顔を突っ込んでくる。 これを我が家では「お顔拭いて〜」と呼んでいる。

寒くても、暑くても、忙しくても、散歩

トイレのため、運動のため、ストレス解消のため、朝晩散歩に出かける。 寒かろうが、暑かろうが、雨が降ろうが、大風が吹こうが、忙しかろうが、散歩に出なくてはならない。

とくに夜の散歩は短くても30分、長ければ1時間を超える。

まぁ、星を眺めたり、カワセミやアオバズクを見たり、いろいろ楽しいこともあるのだが。

糞尿

雲古

こんは基本的に、散歩中に雲古をする。

散歩中の雲古は、「おサンポくん」や「ポイ太くん」という商品名の雲古処理袋に入れて持ち帰り、ウチの水洗便所に流すようにしている。 「おサンポくん」「ポイ太くん」とも、ポリ袋をちり紙でくるんだような構造になっている。 ちり紙部分が外側になるように、ポリ袋に手を入れて雲古を掴み、袋を反転させて口を縛れば、そのままウチに持ち帰れる、というわけである。

おサンポくんの使い方

だが、ポリ袋というヤツは、液体は透過しないが、気体分子はわずかながら透過するのだ。 その、透過する気体分子の臭いが強烈な場合、なかなか辛い目にあることもある。 内容物入りの「おサンポくん」を右手に持っていることを忘れ、ウッカリ右手で鼻の頭を掻いたりすると、なかなか強烈である(もちろん、左手はリードでふさがっているのである)。

林の中まで足を伸ばし、深呼吸したりするときにも、風のない穏やかな日には、木々の緑や枯葉の匂いではなく、こんの雲古の臭いを嗅ぐことになる。

正直に書こう。 長時間山をさすらうような散歩のときには、ヤマイモ掘りの穴などに、「ポイ太くん」の内容物をサヨナラすることもある。 ちり紙と雲古なら、土に還っていくはずだからだ(当然、ポリ袋の部分は、ウチに持ち帰る)。

また、雲古が軟らかいときには、「おサンポくん」では回収が難しいことがある(「ポイ太くん」でも同じことだが)。 そういう場合は、回収できるだけ回収して、あとは周囲の土や砂や枯葉や草に協力してもらって、人が踏んでも被害が及ばないようにしている。

このように、散歩中の用便はなかなか気苦労も多い。 かといって、ウチの庭での用足しも、なかなか面倒くさい。

スコップで回収して、生ゴミ処理用の(生ゴミ以外に、落ち葉や刈った草も処理する)コンポストに入れ、土をかけておく。 1ヶ月もすれば堆肥になる。 なかなか優秀な堆肥で、ミニトマトが巨大化したのは、こんの雲古パワーの効果かも知れない。

ただ、プランターや花壇に堆肥を()いているとき、その中からフリースの切れ端が出てくるのを見るのは、複雑な気分である。 その青いフリースは、もともとひざ掛けだったが、こんがかじって穴を開けたので、細く裂いて三つ編みにし、引っ張り合って遊んだりしているものなのだ。

こんの消化管を通過してきたことが明白なそのフリースの切れ端は、土の中でも分解されることなく、いつまでも花壇の中に居座るのだろうか。

御叱呼

こんは成犬になってからは、御叱呼を屋内でしなくなった。 散歩中か、ウチの庭でするのである。

庭でしたとき、そのまま放置すると、芝が枯れてしまう。

こん/マンガ/庭で小用」参照。

足を拭く

こんの足型

こんははじめ、「外犬」、つまり庭で飼う予定だった*1。 しかし、もらってきたのが秋だったので、春までは寒くて可哀想だということで、家の中で過ごさせるようにした。

しかしその後、社会性動物であるイヌを単独で「番犬」にするのは、精神衛生上良くないのではないかということになり、結局こんは「内犬」となった。 もちろん、天気の良い昼間には、庭を走り回ったり、ウッドデッキで昼寝したりと、外に居る時間も長い。

外から内に入るときには、足を拭く。 爪の中や肉球の間など、細かいところを拭くには雑巾ではやりにくいため、ウェットティッシュを使っている。

とくに泥がつくところは、爪の中と肉球の脇である*2

こんの足型・泥のつくところ

散歩から帰ってきたときは、まぁ仕方がないとして、ちょっと庭に出ていただけなのに、えらく泥んこになっていることもある。 何度も庭に出たり入ったりして、そのたびに足を拭くのはちょっとうんざりである。 ……と、昼間ウチに居るおかあさんは思うのだった。

庭が荒れる

こんがウチに来る前には、庭に花を咲かせたり、ハーブや食べられる実(ブルーベリーなど)の木を植えたりしていた。

しかし、庭で野放しになっているこんが掘ったり抜いたり御叱呼をかけたりするため、庭での栽培はできなくなってしまった*3

犯犬は犯行現場に戻る

また、庭を走り回って芝を荒らす。 まぁ、庭がドッグラン状態なのだから仕方ない。

そういえば、安心して庭に野放しにできるよう、ラティスフェンスで囲ったりするのにも、少々お金がかかった。 こういうところにお金がかかったり、思うように庭造りができないという点も、イヌを飼うときに覚悟しておくべきところだ。

完成直後のラティスフェンス

旅行

こんは車に酔うので、遠出ができない。 そのため、家族旅行ができなくなってしまった。 元気に車に乗って出かけるイヌや、キャンプ場で楽しそうにしているイヌがうらやましい*4

獣医

こんは幸いにして病気をしないのだが、それでも、年2回の予防接種、月1回のフィラリアとノミ・ダニ除けの薬など、けっこうお金がかかる。 イヌには健康保険がないからね。

邪魔される

PC を使っているワシの背中に飛びかかる

本を読んでいたり、PC を使っていると、こんが邪魔をする。

こんマンガ「PCとの闘い(2)」より、あそびかおやつを強要する

こん/マンガ/PCとの闘い(2)

しょうがないので庭へ出たり、フリースで編んだロープで遊んでやったりする(太るので、おやつは牛革のガムくらい)。

ワシが本や PC に集中するのは許さないこんだが、ワシが寝ていると、横へ来て一緒に寝てしまう。 同じ「空気」を共有できれば、それで満足なのだろうか。

似ている……

イヌを飼う覚悟って、何かと似ているなぁ、と思ったら、「親になる覚悟」に似ているのだった。

子供ができると、自分の時間は無くなるし(とは言わないまでも、制限されるし)、お金はかかるし、家の中は散らかるし、泥んこになるし、糞尿にも悩まされる。

まぁ、家族を持つということは覚悟の要ることなのである。

()まれる

……とはいえ、子供に咬まれることは、まず、ない。 しかし、イヌには咬まれる。

少なくとも子犬のころには、遊びのときに加減が判らないので仕方がない。 それでも小さい細い歯で咬まれると、けっこう痛いのだ。

その小さいときに、しっかり「痛いぞ!」と叱っておけば、大人になってからは本気では咬まない。 おもちゃの取り合いの遊びなどで、ちょいと興奮したときに軽く咬まれると蚯蚓(みみず)腫れができたりするが……。

こんに咬まれる被害は、ワシや家族よりも、むしろ「モノ」に対するほうが大きい。 乳歯の生え変わるころのこんをつないでおいた食堂のテーブル(木製)の脚など、(かじ)り痕だらけである。

2009年3月27日朝、窓際で居眠りする。その横のテーブルの脚は傷だらけ

拡大

そして、ときには思わぬモノをかじったりするのである(日誌/2007-01-27)。

よっぽど良いにおいがするのだろうか、古い本は……

3歳を過ぎて落ち着いたので、もうツマランものは咬まないだろう……と思っていたら、ときおりウッドデッキをかじっている……。 なんだかなぁ。


*1 ネコ対策という目論見もあったのだ。
*2 イヌは肉球の脇から汗をかくのだ。
*3 巨大化したミニトマトのような例外はあるが。
*4 こんがうらやましいと思っているかどうかは不明である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-27 (金) 22:26:56 (3830d)