なぜイヌは寝る前に回るのか?

こんは眠ろうと決めたとき、なぜかぐるぐると回ってから座り込んで丸くなる。 なぜ回るのだろう?

2009年4月10日朝、こんはムスメたちのベッドの上で丸くなって眠る

拡大

なお、ここで「ぐるぐる回る」とは、1回転以上回ったときと定義する。例えばハウス(クレートなど)に入ってから、入り口のほうに頭を向けるため半回転する場合は、「ぐるぐる回る」とは言わない。

仮説

本能行動である

こんに限らず、どのイヌも眠る前にはぐるぐる回る。

……ということは、他のイヌを見て学習する行動ではなく、遺伝子に刻まれた生得的な本能行動である、ということだ。

何かしら生存に有利だから、こういう行動をとるのだろうが、本当に回るイヌのほうが回らないイヌより生存に有利なのだろう?

平らにならすため

ぐるぐる回る範囲は、丸まって眠るときの身体の占める領域と同じくらいである。

家の中では毛布の上などだが、野外では枯れ草の上などである。

ふかふかして不安定な場所の上をぐるぐる回って踏み固め、平らに(なら)しているのだろうか?

危険がないか確認するため

尖っているものなど危険な物体や、毒虫などの危険な生物が潜んでいないか確認しているのだろうか?

観察と考察

フローリング柄のホットカーペットで眠る
こんに布団を占拠される

←「こん/マンガ/2008年〜2009年冬、こんはおとうさんのふとんで寝る」より

……ということから、「不安定な場所の上を踏み固め、平らに(なら)す」ことが主目的と考えられる。 すでにワシが寝ていて(毒虫などの)危険がないのに、ふかふかの布団の上で回るからである。 しかし、尖ったものなどがないかどうかを確認している可能性は排除できない。

より確実な結論を出すためには、座り込む/眠る場所別に回る回数をカウントし、その後の睡眠時間と合わせて統計解析する必要がある。 しかし、1日中こんを追い掛け回して寝場所を確認するとか、寝ているこんが起きるまでの時間を計測するとか、そういうヒマはワシにはない。

なぜ、このような本能行動が適応的(生存に有利)なのだろう?

とりあえずどこでも(回って確認せずに)寝てしまう個体より、眠いのを我慢しながら回って確認する個体のほうが、寝ている間に足場が崩れたりする危険を回避できたからではないだろうか。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-31 (日) 16:07:04 (3489d)