(しつけ)

こんに対する躾はうまくいっていない。 例えばこんな具合だ。

こんの躾がうまくいかない原因について、カミさんは「おとうさんが甘いから」だという。 まぁそれも一理あるが、一つ重要なポイントがあることに気付いた。

こんの躾がうまくいかない原因

それはワシが、こんが何に興味を持ち、どんな行動をとるかについて、つい観察してしまうことだ。

「動物の意思決定」というものは、動物行動学において、けっこう重要な問題なのである。 電線にとまっているハトが飛び立つとき、ハトはなぜ飛び立とうと思うのだろうか?  カラスが迫ってきたからか?  カワイコチャン(ハトの、である)が近所の屋根にいるのを見つけたからか?  おなかが空いたので餌場へ向かったのか?  あるいは、とくに理由はないけど居場所を変えようと思ったのか?  ……じっくり観察していると、明確な理由が判らない場合もある。 いったいヤツは何を考えているのだろう?

イヌくらい知能が高く、感情を持つ動物になると、その意思決定の要因となるものは、かなり複雑なはずだ。 単に腹が減ったとか、そういったいわゆる「本能的」な要因だけで行動しているわけではない。 ……もちろん、こんの場合怖いものがいっぱいあるので、ものすごく判りやすい行動をとることも多いのだが……。

こんが何を見、何を嗅ぎ、何を感じて「行こう」とか「帰ろう」とかいった行動をとるのか。 それが知りたいので、こんを行きたいほうに行かせてしまう。 そのせいで、こんはリードを引いて、好き勝手に走っていくのだ*3


*1 もちろん、人間用のトイレではなく、犬用のトイレシートを置いた箱のことだ。
*2 ではどこでするのかというと、庭や散歩道の脇の空き地などである。どんなに雨風が強い日でも、である。
*3 最近の成果は、こんが瀬音に興味を持つ、ということだ。日誌/2006-10-24参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-07 (木) 21:53:06 (4582d)