ぎっくり腰

ぎっくり腰」という名前の病気はない。 正式な病名は「急性腰痛症」である。 腰の骨(背骨と骨盤)ではなく、腰の周りの筋肉が炎症を起こしたものだ。

ティラノサウルスはぎっくり腰にならない。

腰痛は、ヒトが二足歩行を始めてしまったために得た病である*1。 おなじく二足歩行で地上を闊歩したティラノサウルスなどの恐竜類はどうだったろう。

ティラノサウルスの背骨と後肢

ティラノサウルスにしろヴェロキラプトルにしろ、二足歩行する恐竜は、長い尻尾を伸ばしてバランスをとっていたようだ*2。 これなら強いあごをもつ重い頭を持っていても、獲物をくわえて振り回しても、腰を痛めることはなかっただろう。

腰が痛いときには恐竜にならおう。

腰を痛める原因は、腰の筋肉に無理な力をかけることである。 こういう姿勢で重いものを持ってはいけないのである。

腰を痛める持ち方

引越し荷物や無停電電源装置のバッテリ、芝の束など、つい持ち上げて運んでしまったもののために、ワシの腰の筋肉は打撃をこうむったのだ。 そのような筋肉への負担を軽減するには、ティラノサウルスにならって、手に持った荷物とバランスをとるように荷重をかければよい。

……というわけで、腰を痛めるたびにワシはこんな姿勢でものを持ち上げたり支えたりするのである。

腰を痛めない持ち方

いいオヤジがこんなカッコをするのは何とも情けないが、腰のためには仕方がない。 なお情けないのは、歯ブラシに歯磨き粉を付けるときでさえ、こんなカッコをしないと痛みに耐えられないことがあることだ。

さらに痛みがひどいときには、何も持たない腕を体の前に上げるときでさえ、片足を後ろに上げてバランスを取る必要がある。 眼鏡を外したり、頭をかいたりするだけのために、フィギュアスケートかバレエのようなカッコをしなければならないなんて!


*1 四足歩行のままなら腰は痛めなかっただろうが、手が自由にならなければ、脳が発達することもなかっただろう。
*2 映画『ジュラシック・パーク』の恐竜は、尻尾を持ち上げてバランスをとるという、比較的新しい学説に基づいて恐竜の姿を描いていた。だからこそ、俊敏な動きでヒトを狩るヴェロキラプトルが恐ろしかったのだ。ちなみに、『ジュラシック・パーク』の「ヴェロキラプトル」は、じつはヴェロキラプトルではなく、デイノニクスがモデルだそうだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-07 (土) 21:24:33 (4550d)